ホームきたみらい通信 > マメ知識

きたみらい通信

【連載】赤たまねぎ/6月の畑と苗の様子&「きたみらい赤玉葱振興会」の設立総会開催

去る6月5日、JAきたみらいセンター事務所にて「きたみらい赤玉葱振興会」の設立総会・第1回定期総会が開催されました。きたみらい地域に2つあった赤玉ねぎの生産組合が、新たな組織を立ち上げ、高品質な生産と販売拡大に向けてスタートを切りました! 新型コロナウイルスの影響から総会の開催は遅れましたが、これまでの記事でもお伝えしている通り令和2年産の栽培はすでに始まっています。

「きたみらい赤玉葱振興会」の設立総会

さて、今回も畑の様子を見てみましょう。

赤玉ねぎ5月と6月の比較

左が5月26日、右が今回6月23日の撮影です。もう、畝間(うねま)が見えないほど大きくなり、畑の眺めもがらっと変わりました! この撮影の前週に恵みの雨も降り、すくすく順調に育っています♪

【玉ねぎのマメ知識】
上の写真でもわかるように、茎の根元が徐々に膨らんできました。

鱗茎

この部分こそ、私たちが普段玉ねぎとして食べているところで、「鱗茎(りんけい):鱗葉の集合体」と呼びます。この鱗茎の膨らみ方は葉(鱗葉)と大きく関係しています。

葉がついたままの状態の玉ねぎを縦半分に切ってみます。

鱗茎縦割り

そしてこちらが、半分に切らずに、葉を一枚ずつはがしたものです。

鱗茎をはがした図

葉一枚一枚が、鱗茎とつながっているということがよく分かりますね(ちなみに、赤玉ねぎが中心部分まで赤くなるのはもう少し先です)。葉が大きく厚みを増すと、鱗茎も同じく厚みを増します。また、成長するにつれて内側から新しい葉が一枚ずつ出てきて、鱗茎の枚数も増えます。つまり、葉の一枚一枚が玉ねぎ自体の仕上がり(大きさ)にも影響するということ。葉を傷つけてしまうと傷口から病気が入って、鱗茎が傷んでしまうこともあります。ですから、生産者の皆さんが管理作業で玉ねぎ畑に立ち入るときには、葉を傷つけないよう作業の方法やタイミングに気を付けていますよ。

丁寧な管理作業、収穫を経て、皆さんのもとにおいしい赤玉ねぎをお届けできるよう、これからも生産者の努力は続きます。

【連載】赤たまねぎ/5月の畑と苗の様子をお伝えします!

4月の植え付け作業から、1カ月以上がたちました。きたみらい地域の5月は気温の低い日もありましたが、適度な雨と初夏の陽気で作物全般ほぼ平年並みの生育となっています。

さて、赤玉ねぎの畑を見てみましょう。

5月圃場の様子

植え付け直後よりも葉の数が増えて、草丈も大きくなりました!

前回の撮影が4月27日(左)、今回が5月26日(右)です。下の比較写真を見ると1カ月での成長具合が良く分かりますね。

1カ月の成長

根元の赤色もこれだけはっきりしてきましたよ!

赤玉ねぎの根元

 

【玉ねぎのマメ知識】
1カ月での成長速度にも驚きますが・・苗になる前の玉ねぎの種を皆さんは見たことがありますか? 実はこんなに小さいのです。

玉ねぎの種子

最初の種がこれだけ小さかったことを考えると、種を撒いてから約3カ月で1枚目の写真ほどに成長するのはもっと驚きですね! 玉ねぎたちがこれからも元気に育つよう、引き続き応援よろしくお願いします(^^)

かぼちゃの定植作業の様子をご紹介します!

夏野菜としてだけではなく、その保存性の高さで秋から冬至まで大活躍する野菜といえば 、かぼちゃですね! きたみらい地域では、かぼちゃの定植が5月下旬ごろから始まっています。こちらが畑に植える前に、ビニールハウスで育てられたかぼちゃの苗です。

かぼちゃの苗

ビニールハウスの温度を30度以上に保つことで、種をまいて2週間ほどでここまでの苗に育ちます。初葉と呼ばれる大きな2枚葉の中心に生えている、ギザギザした葉の成長した姿は、皆さんも園芸店などでよく見掛けると思います。

大切に育てられた苗は、いよいよ畑へと植え付けられていきます。あらかじめ穴が開けられている箇所に、移植機で苗を落としていきます。

かぼちゃの植え付け作業

そして、この落とした苗を再度手でしっかりと植え直していきます。かぼちゃは収穫を含め、手作業で行う工程が多く、とても手間を掛けて作られているのです。

かぼちゃの植え付け作業2

JAきたみらい産のかぼちゃは「味平」「えびす」「虹ロマン」などさまざまな品種が育てられており、生食、加工用合わせて20戸の農家さんのもと967アールの面積で作付けされています。かぼちゃの本格的な収穫、出荷は例年9月頃から始まります。収穫の秋が待ち遠しいですね!

 

☆最後にちょっとしたマメ知識・かぼちゃの保存方法☆

かぼちゃの保存に最適な温度は10度~13度とされています。まるごと保存する場合、新聞紙に包み風通しのいい場所で保存すると、長期保存が可能です! この長期保存の過程で、かぼちゃのでんぷん質が糖質へと変わり甘味がアップしますよ。甘いかぼちゃが食べたい方はぜひ、買ってからすこし寝かせて食べてみてください!
※常温で長期保存可能なのは、まるごと保存した場合のみです

【連載】赤玉ねぎ/4月の畑と苗の様子をお伝えします!

JAきたみらいでは今年度より、赤玉ねぎの新しいブランドを立ち上げ、生産者一同一致団結して取り組んでいます! 全国の皆さんにJAきたみらいの赤玉ねぎをもっと知っていただけるよう、赤玉ねぎのホットな情報を不定期連載でお届けします♪

赤玉ねぎ

さて、きたみらい地域では、4月下旬より主要作物の春作業が本格化していますが、赤玉ねぎの圃場でも順調に苗の植え付け作業が行われています。2月の中旬からビニールハウスで大事に育てられた苗が、ついに畑にデビューしました!

4月の圃場

今の苗の大きさはこれくらいです。

4月の苗

根元にほんの少~し赤みがかったスジが見えますか?

4月の苗2

この小さな苗があと3カ月もすれば、1枚目の写真のような深い赤色の玉ねぎに成長するなんて、なんだかとっても不思議ですよね。このあと収穫を迎えるまで、苗の色がどうやって変化し、どれくらい大きく成長するのか・・ご報告していきますので、お楽しみに(^^)

2019年8月29日 [きたみらいの今,マメ知識]

【畑のマメ知識】じゃがいもはどうやって収穫しているの?

現在、JAきたみらいではじゃがいもの収穫を行っている真っ最中ですが、じゃがいもがどのように収穫されているかご存じですか? 今回は、じゃがいもの収穫過程をご紹介します。

じゃがいも畑

じゃがいもは大きくなりすぎると変形したり、裂開してしまったりして正品にならないものが増えてしまいます。そのため茎葉処理機という機械で茎葉を先に刈り取ります。これはじゃがいもの成長を止めるために必要な作業で、下の写真のように茎葉が完全に枯れてからが収穫の始まりです!

完全に枯れた様子

こちらの写真は「ハーベスター」と呼ばれる収穫機械の上で、掘り起こされたばかりのじゃがいもを選別している様子です。

選別作業

正品にならないじゃがいもは、加工用のじゃがいもとして使用するか、澱源(でんげん)としてデンプンに利用されます。その後それぞれコンテナに入れられたじゃがいもは、選果場で規格ごとに分けられて出荷されます。

このように、じゃがいもが消費者の皆さんのもとへ届くまでには、たくさんの作業が積み重なっていることがお分かりいただけたでしょうか? JAきたみらいでは、生産者の方と協力してより良い正品が届けられるように努力しております。スーパーなどで、きたみらい産のじゃがいもを見掛けた際にはぜひ手に取ってみてくださいね!

2019年8月27日 [マメ知識]

【畑のマメ知識】玉ねぎはどうやって収穫しているの?

残暑が続く地域にお住まいの方も多いかと思いますが、暦の上では立秋を迎え、少しずつ涼しい秋の風が吹き始めているところもあるのではないでしょうか。

ここJAきたみらい地域では7月から8月にかけて雨が少なく暑い日が続きましたが、列島を縦断した台風が過ぎ去った後は雨が降り、肌寒い日が多くなってきました。さて今回は、玉ねぎにまつわるマメ知識を紹介したいと思います!

皆さんは、畑で植えられている玉ねぎを見たことはありますか?

畑の玉ねぎ

スーパーで売っている玉ねぎは、土から半分顔を出した丸い部分です。玉ねぎはよく根菜類に分類されますが、皆さんが玉ねぎとして食べている部分は、実は葉にあたる部分。正式には葉鞘(ようしょう)といい、長い葉の根本が筒状になっており、それが幾重にも重なった構造をしています。葉鞘が縦に伸びる長ネギとは違って、玉ねぎは葉鞘が横に肥大して、文字通り「玉」のようになっているのです。

では「玉」以外の葉や根の部分はどうしているのでしょう?

根切り作業前
根切り作業後
 

上の写真は「根切り」という作業前・後の様子です。玉ねぎは成長のピークを過ぎると、それまでピンと立っていた葉が次々と倒れてきます。これを倒伏(とうふく)といいますが、この倒伏が根切りのサイン。倒伏が始まると農家さんは頃合いをみて、機械で玉ねぎの根を切っていきます。根切りをした玉ねぎは徐々に葉が枯れていきます。葉が枯れ、皮がきれいな玉ねぎ色になった頃、機械で畑の玉ねぎをコンテナの中に拾い上げていきます。

そして「葉切り」の作業です。収穫した玉ねぎが入ったコンテナを専用機にセットするだけで、機械がほとんど自動で葉を切ってくれます。ですが商品にならないものを取り除いたり、機械で切りきれなかった根や葉を最後は人の手で切るなど、かなり根気の要る作業です。

葉切り作業

このようにいくつかの段階を経て、最終的にJA選果場で規格・用途別に選別され、出荷用の段ボールに箱詰めされて出荷されます。畑の玉ねぎが皆さんご存じの姿になるには多くの手間と時間が掛かっていることがお分かりいただけたでしょうか? 以上、玉ねぎのマメ知識でした!

2019年5月21日 [マメ知識]

【マメ知識】ホクレンガソリンスタンドの第1号店はどこ?

いきなりですが問題です! 北海道ではよく目にする、黄色い看板が目印のホクレンガソリンスタンド。その第1号店はどこでしょうか?

JAきたみらい端野セルフ給油所

正解は、北見市端野(たんの)町にあるガソリンスタンド(現JAきたみらい端野セルフ給油所)です!

1964年9月、旧端野町農協(現きたみらい農協端野地区)にホクレン給油所第1号が開設。そこから北海道内各地に給油所が設置されていき、現在は全道で約280カ所にものぼります。JAきたみらい地域に第1号店があるなんて、なんだか誇らしいですよね!

ゴールデンウィークは過ぎましたが、北海道はこれから本格的な観光シーズンを迎えます。愛車の給油は十分でしょうか? 広大な北海道では、こまめな給油が安全ドライブの基本です。給油の際は、ぜひ黄色い看板のホクレンガソリンスタンドまで! 皆さんのお越しをお待ちしています。

2019年5月14日 [マメ知識]

【畑のマメ知識】作物の生育に欠かせない「パオパオ」って?

広大な畑に敷かれたこの白い不織布が、パオパオです。

パオパオ

畑の温度を上げて作物の生育を促進させる被覆資材で、JAきたみらいの玉ねぎ真白」の栽培でも使用されています。

パオパオ2
玉ねぎ真白の畑の様子

このような農業用資材を活用しながら、生産者の方々は作物を1日でも早く収穫できるよう日々努めています。今年もおいしい真白を届けますので、皆さんどうぞ心待ちにしていてください!

2019年4月19日 [マメ知識]

一列に並ぶ玉ねぎ・・!? 何をしている場面か分かりますか?

皆さん、下の写真が何をしている場面か分かりますか?

母球を植えている風景1
母球を植えている風景2

答えは、玉ねぎの収穫風景・・ではありません!

玉ねぎは他の多くの野菜と同じようにタネをまき、苗を畑に植えて育て、そして収穫します。皆さんがお買い求めになる玉ねぎは全部そうして作られています。ではタネはどこから来るのでしょう?

上の写真の答えは、玉ねぎのタネを作るための「母球(ぼきゅう)を植えている風景」でした。

ご覧の通り、母球とは皆さんが普段食べている玉ねぎと同じものですが、食用と採種用という点で違います。この採種用の母球を植えることで根が生え、芽が出て、花が咲きます。この花が受粉することで皆さんが食べている食用玉ねぎのタネができるのです。

また母球にも父と母、オスとメスのように異なる特徴を持つものがあり、それらを掛け合わせることで色、大きさ、食味、耐病性、貯蔵性など両親の優秀な遺伝子を受け継ぐ品種が作られています。

玉ねぎのタネ

こうして作られたタネは玉ねぎ生産者に販売され、翌年の玉ねぎ栽培に使用されます。玉ねぎが店頭に並ぶまでには、農家さんが食用を栽培するだけではなく、そのタネを採種する過程があり、何年もの時間と手間がかかっているのですね。

今回は普段あまり考えることがない、または知られていない玉ねぎのタネができるまでをご紹介しました。今後も農畜産物に関する素朴な疑問、マメ知識などがありましたら紹介していきますのでどうぞお楽しみに。そしていよいよ来週から本格的に食用玉ねぎの植え付けがスタートします。今年も皆さんの食卓においしい玉ねぎがお届けできるよう努力してまいります!

母球
2017年11月7日 [マメ知識]

【牛乳のマメ知識】ホットミルクにするとできる膜って何?

道内各地では雪が降り始め、すっかり寒い季節となりました。こんな季節には、ホットミルクを飲んで温まる方も多いのではないでしょうか? 牛乳を温めるとできるのが、白い膜。今回はこの膜についてお話しします。

ホットミルクイメージ

この膜の正体は、牛乳に含まれる “たんぱく質” です。たんぱく質は熱を加えると固まる性質があり、周りの脂肪分も包み込んで膜を作ります。これをラムスデン現象といい、牛乳を温める温度が高く、時間が長いほど、膜は厚くなります。

ちなみにこの膜には脂肪やたんぱく質、乳糖などの栄養素が含まれているので、健康のためには捨てずに食べるのがおすすめ。とはいえ、その口当たりなどから「この膜が苦手・・」という方も多いかもしれませんね。そんな方のために、膜ができにくいホットミルクの作り方についてご紹介します!

【鍋で温める場合】
中火にかけ、底からかき混ぜながら温めましょう。この際、沸騰させないのがポイントです。

【電子レンジで温める場合】
温める時間を2回に分けましょう。1回目の温めが終わった後、一旦取り出してかき混ぜ、もう一度温めます。こうすることで膜ができにくくなります。

きたみらい牛乳

寒い冬も、きたみらい牛乳のホットミルクで温まりながら栄養補給しましょう!