ホームきたみらい通信 > 組合員活動報告

きたみらい通信

2019年7月29日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】フレッシュミズが日帰り研修を開催しました

JAきたみらいフレッシュミズでは、7月18日に部員交流日帰り研修を実施しました。他支部との交流を目的として行っており、親子での参加もOK! 今回は、部員12名と子ども9名が参加しました。

午前中は、美幌町にある美幌博物館でモザイクタイルコースター作りや博物館見学を行いました。

モザイクタイルコースター作り

一つひとつ丁寧にタイルを並べ、素敵なコースターが完成!

そして午後からは数種類のサクランボを味わうことができる、網走市の若井農場でサクランボ狩り体験♪

サクランボ狩り体験

参加した部員は「他の支部の人と交流できる貴重な機会だった。また、子どもと一緒に参加できてよかった」と話してくれました。

集合写真

皆さん、お疲れさまでした!

2019年7月11日 [組合員活動報告]

JAきたみらいフレッシュミズ 置戸・訓子府支部が合同研修会でミニバレー!

7月9日、JAきたみらいのフレッシュミズ置戸・訓子府支部が訓子府町スポーツセンターにて合同研修会を開催しました。前段の全体会議では、フレッシュミズ組織再編協議や活動内容などについてさまざまな意見を出し合い、これからの組織活動を話し合いました。

その後は、ミニバレーで身体を動かしながら交流! 支部混合で赤・青・黄・緑の4チームに分かれてトーナメント方式で戦いました。

ミニバレーの様子

点数を入れるたびチームみんなでハイタッチ☆ チームの絆がどんどん深まります。

ミニバレーの様子2

最後は訓子府町にある若富倉庫で焼き肉を囲んで親睦を深められた様子。

焼き肉の様子

ご参加の皆さん、お疲れさまでした!

2019年7月8日 [組合員活動報告]

JAきたみらい東地域の女性部が1泊2日の三支部合同視察研修を行いました!

7月4~5日、JAきたみらい東地域(上常呂、北見、端野)の女性部が三支部合同視察研修を行いました。

例年は、ペタンクやボーリング大会などで三支部間の交流を行っていましたが、今年は1泊2日の視察研修を実施。1日目は、小樽シーポートマーケットで昼食を取った後に、ニッカウヰスキー余市蒸留所を視察しました。

ニッカウヰスキー余市蒸留所視察
ニッカウヰスキー余市蒸留所視察2

運良く蒸留棟や醗酵棟が稼働していて、見るだけでなく香りや熱なども感じることができました。ウイスキーの歴史や製造工程、創業者の竹鶴政孝氏について学び、最後はお待ちかねの試飲! お勧めの飲み方を教わり、おいしくいただきました♪

2日目は、北広島市のホクレン くるるの杜へ。くるるの杜の畑を視察した後、アイス作り体験をしました。

アイス作り体験
アイス作り体験2

北海道産の牛乳と生クリームで作ったアイスは最高でした☆

参加した部員は「他の支部の人とも交流できる貴重な機会だった。このような活動を大切にしていきたい」と話してくれました!

2019年6月20日 [組合員活動報告]

JAきたみらい女性部上常呂支部・フレッシュミズ東支部が合同研修会を行いました!

6月18日、JAきたみらいの女性部上常呂支部とフレッシュミズ東支部が合同研修会を行いました。

去年に引き続き、女性部・フレッシュミズに加入していない女性農業者にも呼びかけて交流! 今回は、ボディーメンテナンス&トレーニング Miola salonの浜田美紀先生に講師を依頼して、リンパマッサージ講習を開催しました。

全身のリンパの流れを良くするマッサージやストレッチの指導を受けた後、身体を引き締める筋力トレーニングなどを行い、いい汗を流しました!

リンパマッサージ講習の様子
講習後の集合写真

講習を受けた後はお茶会を行いました。身体を動かした後のケーキは最高ですね☆

お茶会の様子

話にも花が咲き、有意義な時間となりました。

2019年6月17日 [組合員活動報告]

JAきたみらい青年部・女性部・フレッシュミズがJA常勤役員との意見交換会を行いました

6月13日、JAきたみらい青年部・女性部・フレッシュミズそれぞれの本部役員がJA常勤役員との意見交換会を行いました。

この取り組みは平成23年から実施しており、今年で9回目。各組織からJAに対する意見・要望を、JAの運営者である常勤役員に直接伝える貴重な場です。本部役員の皆さんは、この日のために各支部で意見を集約して臨みました。

青年部

青年部

女性部

女性部

フレッシュミズ

フレッシュミズ

各組織から挙げられた意見や要望に対して、常勤役員からは前向きな回答がなされていました。ご出席いただいた皆さん、ありがとうございました!(^^)

2019年3月12日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】訓子府町酪農振興会が婦人部一泊研修を行いました

去る3月6日、訓子府町酪農振興会が婦人部一泊研修を行いました。訓子府町酪農振興会は年に一度、会員婦人を対象に一泊研修を行っています。今年度の研修先は十勝川温泉。お子さんも多く参加され、とてもにぎやかな2日間となりました。

研修会のテーマは「牛の伝染病など、病気の対応と対策」。NOSAIオホーツクより獣医師の方をお招きし、講演していただきました。

研修会の様子

また、ご婦人方の日頃の功労に感謝し、乳質成績に対する奨励会も開催されました。写真は訓子府町酪農振興会会長からの褒賞授与の様子です。

訓子府町酪農振興会会長より褒賞の授与

懇親会ではビンゴゲームも行われ、大人から子供まで楽しめた様子でした。参加された関係機関の方においても、あらためて婦人部との親睦を深める良い機会となったようです。

2019年3月8日 [組合員活動報告]

平成31年度の新入職員が研修を行っています!

3月から4月にかけては卒業、入学、就職など生活が変化する方も多い時期。気温や天気の変化だけでなく、こういった慌ただしさからも春を感じますね。

さて、JAきたみらいではこの時期、4月に入組を控えた新入職員が、新人研修の一環として、購買部の業務を手伝っています。現在購買部では、生産者の皆さんが春から使用する農薬準備の真っ最中。農薬メーカーから届いた大量の農薬を、名簿を見ながら生産者一戸一戸に振り分けています。

新入職員の実習の様子1
新入職員の実習の様子2

新入職員も先輩から指導を受けながら、一生懸命作業を行っていますよ。

新入職員の実習の様子3

4月に入組予定の職員は20名。所属部署や担当業務が決まるのはまだ先ですが、一日でも早く組合員の皆さんの手助けができるよう、このような研修に取り組んでいます。

2019年2月25日 [組合員活動報告]

JAきたみらい青年部・女性部・フレッシュミズが総代会を開催しました

最近のきたみらい地域は、昼間は暖かく雪解けが進み春を感じられますが、夜の冷え込みはまだ厳しく、路面が再凍結するので車の運転や外出には注意が必要です。地元にお住まいの方は、十分お気を付け下さいね。

さて2月を振り返ると、多くの組合員組織で総会が行われました。春の訪れや農作業の始まりと共に、各組織の新年度もスタートします。

JAきたみらい青年部・女性部・フレッシュミズでは2月13~14日に総代会を開催しました。代議員の出席のもと昨年度の活動報告が行われたほか、青年部では三組織共通課題研究への取り組み、女性部では部員交流研修会、フレッシュミズでは国内農業視察研修など、新年度事業の実施が可決されました。

総代会の様子

議事終了後には、新役員の皆さんが就任挨拶を行い抱負を語りました。

新役員の就任挨拶_青年部
新役員の就任挨拶_女性部
新役員の就任挨拶_フレッシュミズ

これから一年、役員の皆さんを中心に、部会員一丸となって充実した組織活動が行われることを期待しています!

2019年2月15日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】JAきたみらい青年部が「第40回くんねっぷさむさむまつり」に参加しました!

JAきたみらい青年部南支部は2月3日、訓子府町公民館前で開催された「第40回くんねっぷさむさむまつり」に参加し、来場者にJA青年部をアピールしました。

当日は青年部特製のカレーを販売。例年を大きく上回る356食分を販売。来場者の皆さんからは「おいしかった!」と大変好評でした♪

カレーライス販売の様子

そして、青年部が毎年力を入れているもうひとつの取り組みが、氷の滑り台づくりです。

製作は、まつりの2週間前から始まり、連日気温の下がった日没後に集合。重機を使って造った斜面を細かくスコップで調整して、子どもたちが安全に、そしてより楽しんで滑れるように水をまいて氷の表面をなめらかに仕上げました。

氷の滑り台

当日は部員が子どもたちを優しくエスコート。何度も滑る子が出るほど大人気(^^) 青空のもと、嬉しそうに遊ぶ子どもたちの笑顔が印象的でした!

2019年2月14日 [組合員活動報告]

佐々木十美さんによる講演会「正しく おいしい 食育」が開催されました!

去る2019年1月29日、きたみらい野菜振興会の研修会がJAきたみらい本所にて行われ、JAきたみらいオリジナル加工商品「給食のコロッケ」の監修もしていただいている置戸町教育委員会社会教育課 置戸町 食のアドバイザー 佐々木十美さんによる講演会が開催されました。

ご存じの方も多いと思いますが、佐々木さんは置戸町の管理栄養士です。手掛ける給食は「日本一の給食」と称され、NHKの番組で特集されたこともある方です♪

講演会の様子1

講演は、教育現場での「学校給食を通じた食育」と、大人の「食に関する選択力の習得」の2本立てでした。

前段では、子どもたちの生活リズムの乱れや、外食などでの添加物を多く含む加工食品を食べる機会が増えることで、子どもたちの成長に影響が出ることを危惧。改善するための食事マナーや正しい取り方、家庭で生活リズムの確立の重要性をお話しいただきました。なかでも「旬の野菜を取り入れ、添加物を使用しないメニューを考え、子どもたちも料理をすることで、脳が発達する」と仰っていたのが印象的でした。

後段では先の内容を踏まえ、コンビニ弁当やスーパーの惣菜などは素材からの手料理とは違い、ミネラルが不足しているため子どもたちの成長に大きく影響すると仰っていました。実際に病気の子どもが受けたモニター調査では、ミネラルを多く含む「だし」を取る前と取った後では「別人になった!」といわれるほどの効果があったそうです。

講演会の様子2

参加された皆さんは真剣に耳を傾けており、佐々木さんの演説もさらに熱が入ります・・!

今回の講演で、佐々木さんの子どもたちへの愛情や情熱を深く感じ、そして子どもたちの成長をしっかりサポートしてあげるのが大人の役目だと痛感しました。

子どもたちにおいしい食事を取ってもらうためにも、JAきたみらいはさらに良質な野菜などを供給できるよう生産者の方たちと共に努めてまいります。皆さんも、きたみらいの野菜を見掛けた際はぜひ手に取って料理してみてくださいね(^^)/

佐々木十美さん、貴重な講演をありがとうございました!

講演会の様子3