ホームきたみらい通信 > きたみらいの今

きたみらい通信

2021年3月30日 [きたみらいの今,マメ知識]

野菜のおいしさの秘訣は厳冬期にあり!? 冬に畑で起こっている現象をご紹介します

突然ですが皆さんに質問です。オホーツクと聞いて思い浮かべることは何ですか?

「流氷」と答えた方・・・大正解です。他に「世界自然遺産 知床」や「女子カーリングチーム ロコ・ソラーレ北見」も有名ですね。しかし今回皆さんにぜひ知ってほしいことは、「オホーツクは、土も凍る!」ということです。

土壌凍結

これは現在3月の畑で20cmほど掘った土の中の写真です。土の中に氷があることが分かりますか。この現象は「土壌凍結」と呼ばれ、厳冬期に気温マイナス20度以下になる当地域では、海面が流氷で覆われるオホーツク海もさることながら、畑の土までもカチンコチンに凍るのです。

最近ではこのような光景も見られます。

雪踏み

雪には断熱効果があり、厚く積もるほど空気の冷たさから畑を守る、いわゆる掛け布団効果が高くなります。JAきたみらいが位置するオホーツクの北東部(北見市・訓子府町・置戸町)は北海道の中では比較的積雪の少ない地域ではあったのですが、近年は気候変動の影響か、積雪の多い年が増えているため、あえて雪を踏むことで雪を圧縮して薄くし、土を凍らせる栽培技術「雪踏み」が普及しています。

ここでようやくタイトル回収となりますが、土を凍らせると翌年の畑の土が「ふかふか」になります。土の中で水分が凍って体積が膨らみ、土の塊が細かく砕かれ、雪どけ後は土の中に空気や水分を含む空間が増えるためです。

ふかふかの畑

おいしい野菜作りは土作りからと言いますが、ここでは極寒の冬が「自然の力」で畑を耕してくれているのです。当地域でもこの頃はだんだん暖かくなり、雪どけが進んでいますが、土の中ではまだ凍結が残っています。畑の下の凍結がとけ、土が乾いてくる4月中旬ごろが畑仕事のスタートです!

「雪踏み」に関する記事
意外と知らない!? 農家の冬作業「雪踏み」をご紹介します

2021年3月22日 [きたみらいの今]

きたみらい玉葱振興会が「第50回 日本農業賞」集団の部で大賞を受賞しました!

「日本の農業の確立を目指して、意欲的に経営や技術改善に取り組み、地域社会の発展にも貢献している組織」として、きたみらい玉葱振興会が第50回日本農業賞集団の部で大賞を受賞しました!

きたみらい玉葱振興会

3月6日に東京都渋谷区で表彰式を開催予定でしたが新型コロナウィルス感染症の影響で中止となり、オンラインでの開催となりました。北見農業会館にはきたみらい玉葱振興会三役をはじめ、関係者らが見守る中、代表してJA北海道中央会北見支所山元支所長より同振興会加藤会長へ表彰状が授与されました。また、今回の日本農業賞の受賞と同時に農林水産大臣賞も併せて受賞しました。

表彰状授与
オンラインで表彰式

昨年から暗いニュースが続いている中、歴史ある賞の受賞に際し、1市2町や当JAセンター事務所に垂れ幕を掲げるなどして、地域住民をはじめ組合員や関係機関へ受賞の報告をするとともに喜びを分かち合いました。

北見市役所

北見市役所

訓子府町役場

訓子府町役場

コミュニティホールぽっぽ(置戸町)

コミュニティホールぽっぽ(置戸町)

きたみらい玉葱振興会2

同振興会では今後とも消費者から「選ばれる産地」として品質向上と安定的な生産・量の確保を役割と捉え、さらなる「きたみらいブランド」の構築に取り組んでいきます。

2021年3月19日 [きたみらいの今]

ばんえい競馬で活躍する馬を育てる! ばん馬への道のり

ばんえい競馬とは、騎手と重量物を積んだソリを引き、2カ所の障害物を乗り越えながらゴールまでの速さを競うレースです。重いソリを引きながら障害物を乗り越えていくレース展開が魅力で、持久力や瞬発力が必要とされます。

ばん馬になるまでの道のりは甘いものではなく、試験に合格した馬だけがばん馬として競馬場を走ります。今回は、ばん馬のへの道のりを発信すべく、訓子府の岩渕牧場に行ってきました!

仔馬 成長した馬

馬の分娩は春にピークを迎え、岩渕牧場でも仔馬が生まれました。生産者の岩渕さんは分娩が近付くと厩舎に寝泊まりし、分娩介助を行います。生まれて1年経つと人間をはるかに超える大きさまで成長し大人の馬に近付きます。

調教1 調教2

2歳になると、ばん馬として期待できそうな馬を厳選し、調教がスタートします。この日は3頭の馬の調教が行われていました。

汗ふき 生産者さん

300kgを超えるソリを1時間程引き続け、キラキラと光るほど汗をかいていました。タオルで汗を拭いてやる場面もあり、馬に対する愛情を強く感じました。ばん馬になるまでには、体の大きさや、制限時間内にコースを走ることができるかなど、事前に試験を受け合格しなければレースに出場することはできません。岩渕さんは試験に向け「毎日馬の調子を見ながら練習時間を変えて、試験に備えている」と話していました。

新型コロナウィルス感染症の流行によりステイホーム期間が続いた昨年から、自宅でばんえい競馬を楽しむ方が増えています。岩渕さんをはじめとする生産者や馬主さんは、大切な馬がレースに出場し多くの人に楽しんでもらえるように日々愛情と時間を掛けて育てています。

2021年3月11日 [きたみらいの今]

乳牛の育成にとって大事な「体型審査」とは?

皆さんは、牛の体型をよ~く見たことがありますか? 下の画像は、牛乳を出してくれるホルスタイン種と呼ばれる乳牛です。骨格や乳房、肢のつくりなど、これが理想の体型であるとされています。

ホルスタイン種

出典:-ホルスタインの見方-(一般社団法人日本ホルスタイン登録協会)より引用

 

乳牛が長い期間にわたって高い泌乳能力を維持するには、健康でしっかりとした体型が必要不可欠です。そこで、各部位において点数付けをして、100点満点で評価するものを「体型審査」といいます。90点以上の評価を得た牛は、Excellent(エクセレント)という称号をもらうことができ、牛群改良の発展が期待できるだけでなく、個体販売においても高値取引が期待できるなど、さまざまな利点をもたらしてくれます。

体型審査の様子

このように体型審査員の方が牛を見ながら、その場で点数付けを行います。

牛たちの様子

愛情込めて育てた牛にエクセレントの称号がついたら、うれしくてやりがいがありますよね! 全ての酪農家さんが行っているものではありませんが、こうした部分にもやりがいを感じて取り組んでおられる方もたくさんいらっしゃるのです。

2021年3月4日 [きたみらいの今]

令和3年度の新入職員が早くも奮闘!~購買部で農薬配送実習をしています

生産者のもとでは、播種作業やビニールハウスで育つ苗の管理など農作業の準備が本格化しています。

この時期、JAきたみらいの中でひときわ忙しい購買部では、生産者の皆さんが春から使用する農薬準備の真っ最中! 資材店舗などの大きな倉庫には農薬がぎっしり積み上げられており、その農薬と名簿を照らし合わせながら生産者一戸一戸に振り分け、配送しています。

そして4月に入組を控えた新入職員たちが、新人研修の一環として3月1日から購買部の業務を手伝っています。

新入職員実習の様子1

先輩から指導を受けながら、一生懸命作業をしています!

新入職員実習の様子2

この春入組する新入職員11名は、今後もJAカレッジでの研修や当JA理事宅で春と秋に農家実習などを経験する予定です。

2021年3月1日 [きたみらいの今]

特産トマトの定植作業が2月下旬から始まりました!

きたみらい地域の上常呂地区で、特産トマトの定植作業が2月下旬より始まりました。

トマトの定植作業1

2月27日、トマト約30アールを作付けする柳瀬昌弘さんのビニールハウスにお邪魔しました! 1月中旬にハウス9棟(苗にすると約9,000本)に播種されたトマトは約30cmの高さまで成長していました。

トマトの定植作業2

柳瀬さんは、「ハウス桃太郎」「桃太郎はるか」の2品種を栽培しています。どちらの品種も果肉が崩れにくく、サラダやピューレ、トマトジュースなど用途が幅広いのが特徴で、甘味や適度な酸味が地元の消費者から好評です。

収穫は5月中旬から7月下旬まで行われ、市内スーパーなどを中心に販売される予定です!

2021年2月18日 [きたみらいの今]

JAきたみらい技術センターで玉ねぎ早生品種の播種作業を行いました

2月17日、JAきたみらいの技術センターにて玉ねぎの早生品種の播種作業を行いました。技術センターでは、玉ねぎ、じゃがいも小麦などの作物を栽培しており、肥料の効果確認試験や実際に効果が確認できる技術かどうか、1年を通してさまざまな試験研究を行っています。今回はその試験の準備として行われる、播種作業の様子をご紹介いたします。

玉ねぎ播種作業の様子1
玉ねぎ播種作業の様子3

技術センターでは、上の写真のような機械で播種作業を行いますが、実際に人の目でも確認し、播種漏れなどがないかチェックしながら進めていきます。

播種作業が終わると、平らに整地した苗床に並べていきます。この時、整地がきちんと行われておらず、ポットの下に空洞ができてしまうと、玉ねぎの根が枯れてしまいます。そのため、地面としっかり接地するように並べることがその後の生育にとても重要になります。

玉ねぎ播種作業の様子2

散布した水量が把握できるように、そばに容器を置き、適切な量の水を散布していきます。

玉ねぎ播種作業の様子4

その後、適切な温度に保つため、ビニールなどをかければ、播種作業は終了です。

今回播種をした玉ねぎを今後さまざまな試験などに活用し、現場の生産者の方に根拠のある技術情報の提供を行っていけるよう努めてまいります!

2021年2月12日 [きたみらいの今]

玉ねぎの播種(種まき)作業をご紹介します!

本日は前回ご紹介した床伏せ作業と併せて行っている、玉ねぎの播種(種まき)作業の様子をお伝えします。

ポット1枚に448個の穴が開いており、1つの穴に1粒ずつ種を入れていきます。まずはポットをセットし、自動で流れるポット1枚ずつに土を敷きます。

玉ねぎの播種(種まき)作業の様子1 玉ねぎの播種(種まき)作業の様子2
玉ねぎの播種(種まき)作業の様子3 玉ねぎの播種(種まき)作業の様子4

続いて、流れてくるポットに種をまきます。

玉ねぎの播種(種まき)作業の様子5 玉ねぎの播種(種まき)作業の様子6
玉ねぎの播種(種まき)作業の様子7

最後に土を被せる作業、覆土を行い1枚のポットが完成です。

玉ねぎの播種(種まき)作業の様子8 玉ねぎの播種(種まき)作業の様子9
玉ねぎの播種(種まき)作業の様子10

重なったポットは手作業でパレットに積んでいきます。この日訪ねた組合員さんのおうちでは、1日に3.500枚ものポットに播種(種まき)を行っており、冷え込みが厳しい中、作業に取り組んでいました。

玉ねぎの播種(種まき)作業の様子11 玉ねぎの播種(種まき)作業の様子12

この時期に播種して育つ玉ねぎは、4月頃定植を行い8月頃から収穫を開始します。令和3年度産として、8月頃から販売開始予定です。少々先ではありますが、令和3年度産の玉ねぎを楽しみにお待ちください。

2021年2月8日 [きたみらいの今]

ビニールハウスの中で玉ねぎの床伏せ作業が開始しました!

まだまだ寒い季節が続く中、JAきたみらい地域では玉ねぎの播種と床伏せが始まりました。床伏せとは播種後のポットをビニールハウスに入れる作業のことをいいます。こちらは播種後のポットです。

播種後のポット1 播種後のポット2

このポットは穴が448個開いていて、448個の玉ねぎになります。このポットを一枚一枚ビニールハウス内に置いていきます。

床伏せの様子1 床伏せの様子2

全て並べたら、この板でポットを踏んでハウスに床伏せしていきます。

床伏せの様子3 床伏せの様子4

踏んだ後がこんな感じです。

床伏せの様子5

そしてシートをかけ、トンネルをして芽が出るのを待ちます。

春までまだまだ寒い季節が続きますが、北海道には寒いからこその景色がたくさんあります。

2021年2月の風景 2021年2月の風景2
2021年2月の風景3 2021年2月の風景4

皆さんもぜひ冬の景色を楽しみながら、春を待ちましょう!

2021年1月28日 [きたみらいの今]

オホーツクエリアの感染拡大を防ごう! 新型コロナウイルス感染症対策にご協力を

きたみらい地域では冬の寒さが一段と厳しくなっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルス感染症が日本で確認されてから1年が経ち、これまでの生活様式とはガラリと変わりましたが、未だ収束の目処は立たない状況です。

最近では、オホーツク管内での感染も1日に数件確認されるようになり、感染症の脅威がより身近なものとなっています。感染の拡大を防止するために、オホーツクエリアに暮らす皆さんも引き続きマスクの着用、手洗い・うがいの励行、不要不急の外出自粛など各個人ができる対策を徹底して行いましょう!

コロナ対策を徹底しよう

ご自身や大切な人を守るため、今まで通りの生活を取り戻すために、感染拡大防止に努めましょう。