ホームきたみらい通信 > きたみらいの今

きたみらい通信

2022年6月20日 [きたみらいの今]

JAきたみらい職員の研修でホクレン肥料と訓子府石灰工場の視察を行いました!

令和4年6月10日、JAきたみらいの現場担当職員20名で内部研修会(工場視察)を行いました。今回はホクレン肥料(株)北見工場と訓子府石灰工場(株)日の出工場を視察。肥料を製造する過程や、肥料の配合方法などの詳しいお話を伺うことができ、大変貴重な経験になりました!

ホクレン肥料(株)北見工場

▲ホクレン肥料(株)北見工場の施設や、肥料を作っている様子

訓子府石灰工場(株)日の出工場

▲訓子府石灰工場(株)日の出工場の施設と、鉱山

今回視察して学んだ経験をこれからの技術指導の強化に役立てていきます!

2022年5月30日 [きたみらいの今]

牛乳消費拡大運動PR動画第2弾! きたみらい酪農青年部の片桐部長が登場しています

JAきたみらい畜産部では、Facebookや当ブログを通し、多くの消費者の皆さまに生乳の消費拡大運動について認知・共有していただきたく、消費拡大PR動画を投稿しております。

今回は第2弾として、きたみらい酪農青年部片桐部長が出演しており、搾乳風景や仔牛の哺乳など生産現場もご覧いただけます。

皆さまには、さらなる牛乳消費拡大へのご協力を何卒よろしくお願いいたします!

2022年5月24日 [きたみらいの今]

JAきたみらいでは、計9台のドローンを農業に活用しています!

JAきたみらいには、計9台のドローンがあり、センター事務所に2台、各事務所に1台ずつ設置されています。所有しているドローンについては、資格認定者のみ操縦が許可されており、記述試験合格・講師指導による実地操縦が必須条件となっています。

ドローン

ドローンは主に畑の写真や動画を撮影するために使用しています。ドローンから見る収穫作業風景は、圧巻です!

収穫作業風景

そのほか、畑の大規模な土地改良の様子を撮ることもあります! こちらの写真は草地だった場所の土地改良を行い、畑にしているところです。

土地改良前

↑土地改良前

土地改良作業中

↑土地改良作業中

また作物の生育不良で原因が分からないとき、ドローンで畑全体を撮影することによって原因が判明することも! 近くでは気付けなくても離れて見てみると分かることがあるのです。

JAきたみらいでは、これからもさまざまな写真や動画などを撮影して農業に活用してまりいます。

きたみらい地域の桜の名所「金刀比羅さくら公園」より春の風景をお届けします

この時期、朝晩の寒暖差が20度を超える日もあるきたみらい地域。今年は4月下旬から5月上旬にかけて桜が見頃を迎え、桜の名所として北見市民に親しまれている「金刀比羅さくら公園」では約30,000平方メートルの山肌に約650本のエゾヤマザクラが咲いていました!

金刀比羅さくら公園 金刀比羅さくら公園2 金刀比羅さくら公園3

ゴールデンウィーク期間中はライトアップされ、昼間とは違う雰囲気の夜桜を楽しむことができました。

金刀比羅さくら公園4 金刀比羅さくら公園5

2022年の「上ところ金刀比羅山桜まつり」は新型コロナウイルス感染症の影響で中止でしたが、来年は桜を見ながらお祭りを楽しめるといいですね!

【金刀比羅さくら公園】
場 所:北見市常川446-7(上ところ金刀比羅神社隣接)
駐車場:あり

2022年4月26日 [きたみらいの今,地域紹介]

お肉と一緒に牛乳を飲みませんか? 北見市内の焼き肉屋さん2店が牛乳提供にご協力

5月にかけて牛乳や乳製品の消費の落ち込みが予想されるため、生乳廃棄の危機がいまだ続いています。この状況を受け、北見にある焼き肉屋「焼肉ぎゅうしゃ」「やきにくや 端野店・緑町店」では、きたみらい牛乳の提供を始めました!

焼肉ぎゅうしゃ

焼肉ぎゅうしゃ

岡田代表は株式会社FReeeeの代表でもあり、酪農家がお休みを取る際に代わりに搾乳や餌やりなどをされる酪農ヘルパーの仕事も行っています。酪農家にとって身近な存在である岡田代表から、コメントをいただきました。

「酪農家の方が大変な状況にいることはひしひしと感じています。ちょっとでも力になりたいと思い、今回牛乳の提供を始めました! 牛乳を提供することで、お客様に今の酪農家の状況が伝わり、牛乳消費を手伝っていただければうれしいです。」

☆焼肉ぎゅうしゃ
住所:〒091-0029 北見市留辺蘂町旭1区186-16
TEL:0157-33-4444
提供期間:4月いっぱい

 

やきにくや 端野店・緑町店

やきにくや 端野店

酪農家が生乳廃棄の危機に直面している話を聞き、「牛乳消費の助けになりたい」という強い気持ちから牛乳提供を始めた林店長。このようなコメントをくださいました!

「やきにくやを運営する上で、牛乳ではありませんが牛と深く関わっています。 “焼肉の街北見” で牛乳と焼肉を結び付けようと思い、4月から無料で牛乳提供を始めました。焼肉 = 牛 = 牛乳という新しいスタイルを北見に浸透させていきたいです!」

☆やきにくや
・端野店
住所:〒099-2103 北見市端野町三区438-2
TEL:0157-56-4129
・緑町店
住所:〒090-0055 北見市緑町1丁目1-16
TEL:0157-36-1809
提供期間:4月以降引き続き提供

 

牛乳提供の様子

お二方共に、酪農家を助けたいという気持ちから動いてくださったんですね・・!この機会にぜひ足を運んでみてください。おいしいお肉と牛乳が皆さまを待っています!

2022年4月11日 [きたみらいの今]

JAきたみらい ホクレン給油所の利用者に牛乳1リットルをプレゼントしました!

雪解けが進んで春の訪れが感じられる季節となり、人も牛も過ごしやすくなったきたみらい地域。新型コロナウイルス感染症によるまん延防止等重点措置が3月下旬に解除されましたが、感染者はなかなか減らず、そして牛乳の消費は増えず・・。いまだ生乳廃棄の危機が拭えない状況にあります。

そこで先日、牛乳消費拡大運動として日頃よりJAきたみらい ホクレン給油所を利用してくださる皆さんに、1リットルの牛乳パックをプレゼントしました。

牛乳プレゼント
牛乳プレゼント2

利用者の方々には「毎日飲むのでうれしいです!」といった言葉も頂戴しました。今回の活動により多くの方に生乳が廃棄の危機であることを知っていただき、大きな消費拡大に繋がればと思います。

2022年4月7日 [きたみらいの今]

玉ねぎ「真白(ましろ)」の生育過程、2~4月の様子をご紹介します!

真白(ましろ)とは玉ねぎの品種のひとつで、辛み成分がほとんどなく、そのまま生で食べることができる玉ねぎです。その真白の2月から4月までの生育過程をご紹介します。

こちらの写真は2月25日の真白です。播種された玉ねぎが芽を出してきました。

2月25日の真白

こちらは3月14日の水やりの様子です。芽が出てからほぼ毎日水やりを行います。

3月14日の水やりの様子

3月28日の真白の様子はこんな感じです。

3月28日の真白
3月28日の真白2

4月5日でここまで大きくなりました。

4月5日の真白

今後、4月中旬ぐらいに圃場へ移植されます! 甘くておいしい真白を今年もぜひ楽しみにしていてください。

2022年3月31日 [きたみらいの今,地域紹介]

北見市のカントリーサインから、きたみらい地域をご紹介します!

少しずつ雪が融けて気温が上がり、きたみらい地域でも春の訪れを感じる季節になりました。この時期は卒業、入学、入社、人事異動などで忙しくされている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、今春からこのきたみらい地域で新生活を始める方へ向けて、カントリーサインと共に北見市をご紹介します!

カントリーサイン

北見市のカントリーサインはこちらです。玉ねぎがラグビーをしていますね。北見市が玉ねぎ生産量日本一ということから、玉ねぎのキャラクターが描かれてます。

ラグビーについては、あまりイメージが沸かない方も多いかもしれませんが、北見市はラグビーが盛んな地域でもあります。北見市にある北海道北見北斗高校は全国大会にも出場するほどの強豪校で、農協職員にもラグビー経験者がいます。また、夏にはラグビーのトップチームが合宿に来ることもあるんですよ。

他にも北見市にはカーリングが体験できる施設があったり、おいしい焼き肉屋さんがたくさんあったりと非常に魅力あふれる街なので、この春から新生活を始める皆さんも気に入ると思います!

きたみらい地域在住の方々も北見でおすすめのお店やスポットなどがあれば、ぜひFacebookページのコメント欄に書いて教えてくださいね!

2022年3月8日 [きたみらいの今]

JAきたみらい 令和4年度新入職員6名が購買部で研修を行っています!

3月に入ってもまだまだ雪が降り、肌寒い日々が続いている北海道。生産者の皆さんは融雪剤の散布やビニールハウス内での苗の管理といった農作業がスタートしています。そんな3月初旬、JAきたみらいでは4月より入組予定の新人職員6名が購買部で研修を行っています!

研修の様子1

JAきたみらいの購買部では、生産者が4月から使用する農薬を配布するために2月頃から準備を始めています。今の時期はたくさん仕入れた農薬を生産者一戸一戸に振り分ける作業を行っています。新人職員は研修の一環として約2週間、購買部の業務を手伝います。

研修の様子2

振り分けた農薬は3月下旬頃から4月にかけて生産者へお渡しします。寒い倉庫の中での作業は体力を必要としますが、先輩職員に負けずに頑張っています!

2022年2月28日 [きたみらいの今,地域紹介]

祝・銀メダル! カーリングの街・北見で見掛けるカーリングデザインをご紹介

2022北京冬季オリンピック競技大会が閉幕してから少し時間が経ってしまいしたが、今回は北見市のカーリング文化についてご紹介します!

皆さんは北京オリンピックでカーリング女子日本代表「ロコ・ソラーレ」の試合を見ましたか? 運も味方に予選を通過し、たくさん泣いて、たくさん笑って掴んだ銀メダルでしたね。ビリヤードのようなショットの正確性や、囲碁のように先を読む戦法など見どころがたくさんあり、非常に奥が深いスポーツであるカーリング。皆さんも試合を楽しめたのではないでしょうか?

ロコ・ソラーレの地元、北見市は「カーリングの街」としても知られており、一年中カーリングを体験できる施設があるのはもちろんのこと、街のいたるところにカーリングをイメージしたデザインが見られます。原付バイクやトラクターなど小型特殊のナンバープレートには、カーリングのストーンがデザインされているんですよ!

ご当地ナンバープレート

また、カーリング場の駐車場には警戒標識の「滑りやすい」がカーリングストーンで表されていたり、カーリングストーンの形をしたお菓子が販売されていたりします。

カーリングの街・北見

このように、カーリングの街・北見では街のあちこちにカーリングをデザインした看板やアイテム、商品が見られます。皆さんも北見に来た際には、ぜひ探してみてくださいね♪ ご家族やお仲間と一緒にカーリング体験をするもオススメですよ!