ホームきたみらい通信 > きたみらいの今

きたみらい通信

かぼちゃの定植作業の様子をご紹介します!

夏野菜としてだけではなく、その保存性の高さで秋から冬至まで大活躍する野菜といえば 、かぼちゃですね! きたみらい地域では、かぼちゃの定植が5月下旬ごろから始まっています。こちらが畑に植える前に、ビニールハウスで育てられたかぼちゃの苗です。

かぼちゃの苗

ビニールハウスの温度を30度以上に保つことで、種をまいて2週間ほどでここまでの苗に育ちます。初葉と呼ばれる大きな2枚葉の中心に生えている、ギザギザした葉の成長した姿は、皆さんも園芸店などでよく見掛けると思います。

大切に育てられた苗は、いよいよ畑へと植え付けられていきます。あらかじめ穴が開けられている箇所に、移植機で苗を落としていきます。

かぼちゃの植え付け作業

そして、この落とした苗を再度手でしっかりと植え直していきます。かぼちゃは収穫を含め、手作業で行う工程が多く、とても手間を掛けて作られているのです。

かぼちゃの植え付け作業2

JAきたみらい産のかぼちゃは「味平」「えびす」「虹ロマン」などさまざまな品種が育てられており、生食、加工用合わせて20戸の農家さんのもと967アールの面積で作付けされています。かぼちゃの本格的な収穫、出荷は例年9月頃から始まります。収穫の秋が待ち遠しいですね!

 

☆最後にちょっとしたマメ知識・かぼちゃの保存方法☆

かぼちゃの保存に最適な温度は10度~13度とされています。まるごと保存する場合、新聞紙に包み風通しのいい場所で保存すると、長期保存が可能です! この長期保存の過程で、かぼちゃのでんぷん質が糖質へと変わり甘味がアップしますよ。甘いかぼちゃが食べたい方はぜひ、買ってからすこし寝かせて食べてみてください!
※常温で長期保存可能なのは、まるごと保存した場合のみです

2020年5月25日 [きたみらいの今]

きたみらい産グリーンアスパラガスの選果の様子

今回は、グリーンアスパラガスを収穫後に選果している様子をお伝えします。

グリーンアスパラガス選果の様子1
グリーンアスパラガス選果の様子2

ミニコンテナに入って運ばれてくるアスパラガスは、自動アスパラ選別機にて選別されます。

選別機に並べると長さを揃えるためにカットされ規格サイズに選別されます。写真をよくご覧いただくと、太さに違いがあることをお分かりいただけますでしょうか。

グリーンアスパラガス選果の様子3

続いて、選別されたアスパラガスを1本ずつ製品にできるか目で確認し、束にする重量を量ります。

グリーンアスパラガス選果の様子4

最後にアスパラガスを束ねる機械でテープ止めをして出来上がり。

グリーンアスパラガス
グリーンアスパラガス箱

きたみらい産アスパラガスの出荷は5月上旬から7月上旬ごろまでの予定です。ビニールハウス栽培のアスパラガスから先に選果を行い、現在は露地栽培のものと並行して選果を行っています。北見市内を中心に出荷をしておりますので、見掛けた際はお手に取ってみてください。

2020年5月21日 [きたみらいの今]

馬鈴薯(じゃがいも)の植え付け作業が行われています!

5月の下旬に入り、きたみらい地域では馬鈴薯(じゃがいも)の植え付け作業が終盤に差し掛かっています。

例年4月末に早出し馬鈴薯から始まり、5月中旬から下旬頃に種子用馬鈴薯の植え付けが終了します。今年は雪が少なかったため、土壌凍結が例年よりも深く入り、春先の作業が遅れることが予想されましたが、1~2日程度の遅れにとどまりました。

種子用馬鈴薯植え付けの様子1

上の写真は、種子用馬鈴薯の植え付けを行っている様子です。後ろに乗っている方たちが、あらかじめ切っておいた種いもをプランターの中に入れていき、土の中に一定間隔で落ちた後、種いもが浮き上がってくることを防止するため鎮圧ローラーで押さえていきます。

鎮圧ローラー

鎮圧ローラーの様子

馬鈴薯植え付け後の畑

馬鈴薯の植え付け後と、てん菜(直播)の植え付け後の畑を見分けるために鎮圧の幅を参考に判断することも多いです。馬鈴薯は鎮圧幅が広く、てん菜(直播)は馬鈴薯と比べると狭い鎮圧幅となっています。

てん菜植え付け後の畑

てん菜(直播)の植え付け後の畑の様子

まだ植え付けが終わってから時間が経っていないため、芽が小さく、何が植え付けられているのか分からない場合もあるのではないでしょうか。そういった際は、ぜひ参考にしてみてください。

【連載】赤玉ねぎ/4月の畑と苗の様子をお伝えします!

JAきたみらいでは今年度より、赤玉ねぎの新しいブランドを立ち上げ、生産者一同一致団結して取り組んでいます! 全国の皆さんにJAきたみらいの赤玉ねぎをもっと知っていただけるよう、赤玉ねぎのホットな情報を不定期連載でお届けします♪

赤玉ねぎ

さて、きたみらい地域では、4月下旬より主要作物の春作業が本格化していますが、赤玉ねぎの圃場でも順調に苗の植え付け作業が行われています。2月の中旬からビニールハウスで大事に育てられた苗が、ついに畑にデビューしました!

4月の圃場

今の苗の大きさはこれくらいです。

4月の苗

根元にほんの少~し赤みがかったスジが見えますか?

4月の苗2

この小さな苗があと3カ月もすれば、1枚目の写真のような深い赤色の玉ねぎに成長するなんて、なんだかとっても不思議ですよね。このあと収穫を迎えるまで、苗の色がどうやって変化し、どれくらい大きく成長するのか・・ご報告していきますので、お楽しみに(^^)

2020年4月28日 [きたみらいの今]

JAきたみらいの取り組みをご紹介~新型コロナの影響を受けて~

現在、日本をはじめとした世界各国を苦しめている新型コロナウイルスの感染者が未だに増加しています。経済や消費への影響が拡大するなか、JAきたみらいでは以下のような取り組みを行っていますのでご紹介します!

牛乳の消費拡大運動

きたみらい地域で生産された牛乳を使用した「きたみらい牛乳」。

きたみらい牛乳

当JAときたみらい酪農振興協議会が連携し、平成23年度より本格的に販売をしています。低温長時間殺菌法を採用し、ホモジナイズを行うことにより、牛乳本来の「ふくよかな風味」と「まろやかなコク」が持ち味の牛乳です。

牛乳の消費が落ち込み3月から製造を休止していましたが、地産地消と消費拡大を目的に当JAの役職員や農業関係団体などに呼びかけ、250kgを超える消費につながりました! エーコープおけと店、くんねっぷ店、るべしべ店でお買い求めいただけますので、ぜひ飲んでみてください!

きたみらい牛乳2

女性部特製「プリーツマスクの作り方」イラスト配布

マスクが現在、どこの販売店をみても不足しており入手困難です。JAきたみらい女性部ではイラストを活用し、感染予防につながればとの思いから、「プリーツマスクの作り方」を分かりやすいイラストにしました。イラストは組合員全戸に送付しています。皆さんもぜひマスク作りをしてみてください!

マスクの作り方1
マスクの作り方2
マスクの作り方3

プリーツマスクの作り方のPDFはこちら

このような状況だからこそ、何かできることを見つけて皆さんも取り組んでみてくださいね。

2020年4月23日 [きたみらいの今]

水稲の栽培がビニールハウス内で始まりました!

このところ暖かい日が続いている、きたみらい地域。端野地区では、4月15日から水稲(もち米)の栽培がスタートしました!

水稲の栽培は、ビニールハウス内で苗を作るところから始まります。

水稲栽培の様子1

写真(上)の左にある黒いトレイの中に機械で床土をいれ、種を播いていき、もう一度土を被せていきます。その後、トレイをハウスの中に敷き詰めて置いていきます。

水稲栽培の様子2

トレイを置くと、潅水や温度調整などの管理が始まります。3日ほどで芽が出て、1カ月ほどハウス内で育ててから水田へ移されます。

水稲栽培の様子3

秋においしいもち米を皆さんにお届けできるように、農家の方は一生懸命栽培しています!

2020年4月20日 [きたみらいの今]

玉ねぎの良苗を作るため、移植前にするひと手間とは?

日に日に春を感じるようになってきた、きたみらい地域。ビニールハウスにいる玉ねぎの苗たちも順調にすくすく成長しています。

2月に播種をした玉ねぎ苗は、もう少ししたら畑に移植します。その前のひと手間で、玉ねぎの葉を数回に分けて切っていきます。使うのはこの機械です。

玉ねぎの苗を切る機械

なぜ葉を切断するかというと、切ることで葉が太く強くなり、根張りも良くなるためです。

玉ねぎ苗

切る前と切った後はこのような感じです。

before

玉ねぎ苗を切る前

after

玉ねぎ苗を切った後

これらの苗が畑に移植されるのも、もう間もなく。今年も皆さんにおいしい玉ねぎをお届けできるよう、頑張ってまいります!

2020年4月2日 [きたみらいの今]

4月1日より家畜運搬車の運行が始まりました!

この度、JAきたみらいでは、家畜輸送業務を独自に実施することとなりました!

それに伴い4台の家畜運搬車を導入し、4月1日よりJAきたみらい地域を巡回して家畜の輸送を行っています。

新しい家畜運搬車

ピカピカな車内の様子

家畜運搬車の車内

下の写真は、町内のホルスタイン雄子牛を集荷している様子です。

子牛を集荷する様子

子牛は車内前方に積むスペースがあり、小さな扉からこのようにして積み込みを行います。

近年、業者における人材確保が困難になっていたため、家畜のスムーズな集荷を可能にすべく、事業所の開設に至りました。組合員さんの今後の酪農経営を支えるべく、安心・安全に円滑な輸送業務を進めてまいりたいと思いますので、ぜひとも皆さまご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年3月23日 [きたみらいの今]

令和2年度の新入職員が購買部で実習を行っています!

春の暖かな日差しが感じられる日もありますが、まだまだ肌寒い今日この頃。生産者のもとでは、ビニールハウスで育つ苗の管理、畑の雪解けを促進するための融雪材の散布など、農作業の準備が本格化しています。

この時期、JAきたみらいの中でひときわ忙しい購買部では、生産者の皆さんが春から使用する農薬準備の真っ最中! 資材店舗などの大きな倉庫には農薬がぎっしり積み上げられており、その農薬と名簿を照らし合わせながら生産者一戸一戸に振り分け、配送しています。

そして4月に入組を控えた新入職員たちが、新人研修の一環として3月上旬から購買部の業務を手伝っています。

新入職員実習の様子1
新入職員実習の様子2

先輩から指導を受けながら、一生懸命作業をしていました!

この春入組する新入職員10名は、今後もJAカレッジでの研修や当JA理事宅で春と秋に農家実習などを経験する予定です。

2020年3月13日 [きたみらいの今]

てん菜(ビート)の播種プラント作業が始まりました!

JAきたみらいでは、3月上旬からてん菜(ビート)の播種プラント作業が始まりました。温根湯地区では3月9日から作業を開始し、生産者の皆さんは手際よくペーパーポットに土を詰め、種を蒔いていました。1日でペーパーポット約700冊できるそうです。作業手順を画像でご紹介しますね。

1、てん菜用のペーパーポットに土を詰める

ペーパーポットに土を詰める作業

2、土を詰めたペーパーポットに種まきをする

ペーパーポットに種まきをする作業

3、まいた種に覆土する

蒔いた種に覆土する作業

種が詰められたペーパーポットはその日のうちに生産者に配られます。JAきたみらい地域では、てん菜の播種プラント作業は3月下旬まで続きます。