ホームきたみらい通信レシピ > きたみらい牛乳を使った「きたみらいシチュー」のレシピをご紹介します!

きたみらい通信

2021年4月12日 [レシピ,商品情報]

きたみらい牛乳を使った「きたみらいシチュー」のレシピをご紹介します!

皆さんは普段から乳製品を食事に取り入れているでしょうか。乳製品は豊富な栄養素を含んでいるため、免疫力低下を防ぐ効果や生活習慣病の予防など日々の健康維持に貢献します。

そんな乳製品の原料である生乳は、春から初夏にかけての時期に牛が生乳を生産することに適した環境になることから一年を通して生産のピークを迎えます。しかし、昨年から続いている新型コロナウイルスの影響により今年も生乳の生産量と消費量が釣り合わずに生乳が余り、最悪の場合生乳の廃棄へとつながってしまうという予想がされております。

そこで今回は、牛乳消費拡大運動としてきたみらい牛乳を使用したレシピをご紹介します! 掲載したレシピ以外にも牛乳や乳製品を使った料理はたくさんありますので、ゴールデンウィークなどの休日を利用して、家族や大切な人へ手作りの料理やお菓子をプレゼントしてみるのもいいですね。

きたみらいシチュー

きたみらい産の玉ねぎがしっかり溶け込んだ本格シチューです♪

きたみらいシチュー

材料(4人分)

きたみらいシチュー材料
  • 鶏もも肉:300g
  • じゃがいも:2個
  • 玉ねぎ:1個
  • にんじん:1本
  • きたみらい牛乳:450cc(2.5瓶)
  • 水:250cc
  • コンソメ(固形タイプ):1個(顆粒の場合は大さじ1/2)
  • ローリエ:1枚
  • 小麦粉:大さじ3
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:適量
  • バター:10g程度

作り方

  1. 鶏もも肉、にんじん、じゃがいも、玉ねぎをお好みのサイズに切り分けます
  2. バターをひいた鍋に1と塩・こしょうを入れて炒めます。玉ねぎが透明になるまで炒めたらいったん火を止めます
  3. 小麦粉を鍋の具材にふり入れ、全体をよく混ぜます
きたみらいシチュー料理工程
  • 全体に小麦粉がなじんだ後、牛乳、水、コンソメ、ローリエを鍋に入れ再び中火で火にかけ煮立たせます
  • ポコポコととろみがついたように煮立ってきたら、弱火に火を調節し具材が鍋の底で焦げないように適宜混ぜながら煮込みます
  • きたみらいシチュー料理工程2
  • 10分から20分程度弱火で煮込んだら、最後に塩・こしょうで味を整えて完成!

  • ワンポイント

    • じゃがいも選びは煮崩れしにくく、皮がむきやすい「とうや」や、冬に旬を迎える「スノーマーチ」がお勧めです。

    JAきたみらいオリジナル商品のきたみらい牛乳は、1市2町の生産者が生産した生乳を100%使用した牛乳です。一般的な超高温瞬間殺菌法ではなく、低温長時間殺菌法を利用して製造されているので、一般的なパック牛乳と比較して牛乳本来のまろやかなコクと風味が特徴的なこだわりの牛乳に仕上げております。

    きたみらい牛乳

    次回は第2弾として、きたみらい牛乳をつかったスイーツのレシピをご紹介します。お手軽簡単なレシピなので、ぜひチェックしてください!