ホームきたみらい通信 > きたみらいの今

きたみらい通信

2020年4月28日 [きたみらいの今]

JAきたみらいの取り組みをご紹介~新型コロナの影響を受けて~

現在、日本をはじめとした世界各国を苦しめている新型コロナウイルスの感染者が未だに増加しています。経済や消費への影響が拡大するなか、JAきたみらいでは以下のような取り組みを行っていますのでご紹介します!

牛乳の消費拡大運動

きたみらい地域で生産された牛乳を使用した「きたみらい牛乳」。

きたみらい牛乳

当JAときたみらい酪農振興協議会が連携し、平成23年度より本格的に販売をしています。低温長時間殺菌法を採用し、ホモジナイズを行うことにより、牛乳本来の「ふくよかな風味」と「まろやかなコク」が持ち味の牛乳です。

牛乳の消費が落ち込み3月から製造を休止していましたが、地産地消と消費拡大を目的に当JAの役職員や農業関係団体などに呼びかけ、250kgを超える消費につながりました! エーコープおけと店、くんねっぷ店、るべしべ店でお買い求めいただけますので、ぜひ飲んでみてください!

きたみらい牛乳2

女性部特製「プリーツマスクの作り方」イラスト配布

マスクが現在、どこの販売店をみても不足しており入手困難です。JAきたみらい女性部ではイラストを活用し、感染予防につながればとの思いから、「プリーツマスクの作り方」を分かりやすいイラストにしました。イラストは組合員全戸に送付しています。皆さんもぜひマスク作りをしてみてください!

マスクの作り方1
マスクの作り方2
マスクの作り方3

プリーツマスクの作り方のPDFはこちら

このような状況だからこそ、何かできることを見つけて皆さんも取り組んでみてくださいね。

2020年4月23日 [きたみらいの今]

水稲の栽培がビニールハウス内で始まりました!

このところ暖かい日が続いている、きたみらい地域。端野地区では、4月15日から水稲(もち米)の栽培がスタートしました!

水稲の栽培は、ビニールハウス内で苗を作るところから始まります。

水稲栽培の様子1

写真(上)の左にある黒いトレイの中に機械で床土をいれ、種を播いていき、もう一度土を被せていきます。その後、トレイをハウスの中に敷き詰めて置いていきます。

水稲栽培の様子2

トレイを置くと、潅水や温度調整などの管理が始まります。3日ほどで芽が出て、1カ月ほどハウス内で育ててから水田へ移されます。

水稲栽培の様子3

秋においしいもち米を皆さんにお届けできるように、農家の方は一生懸命栽培しています!

2020年4月20日 [きたみらいの今]

玉ねぎの良苗を作るため、移植前にするひと手間とは?

日に日に春を感じるようになってきた、きたみらい地域。ビニールハウスにいる玉ねぎの苗たちも順調にすくすく成長しています。

2月に播種をした玉ねぎ苗は、もう少ししたら畑に移植します。その前のひと手間で、玉ねぎの葉を数回に分けて切っていきます。使うのはこの機械です。

玉ねぎの苗を切る機械

なぜ葉を切断するかというと、切ることで葉が太く強くなり、根張りも良くなるためです。

玉ねぎ苗

切る前と切った後はこのような感じです。

before

玉ねぎ苗を切る前

after

玉ねぎ苗を切った後

これらの苗が畑に移植されるのも、もう間もなく。今年も皆さんにおいしい玉ねぎをお届けできるよう、頑張ってまいります!

2020年4月2日 [きたみらいの今]

4月1日より家畜運搬車の運行が始まりました!

この度、JAきたみらいでは、家畜輸送業務を独自に実施することとなりました!

それに伴い4台の家畜運搬車を導入し、4月1日よりJAきたみらい地域を巡回して家畜の輸送を行っています。

新しい家畜運搬車

ピカピカな車内の様子

家畜運搬車の車内

下の写真は、町内のホルスタイン雄子牛を集荷している様子です。

子牛を集荷する様子

子牛は車内前方に積むスペースがあり、小さな扉からこのようにして積み込みを行います。

近年、業者における人材確保が困難になっていたため、家畜のスムーズな集荷を可能にすべく、事業所の開設に至りました。組合員さんの今後の酪農経営を支えるべく、安心・安全に円滑な輸送業務を進めてまいりたいと思いますので、ぜひとも皆さまご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年3月23日 [きたみらいの今]

令和2年度の新入職員が購買部で実習を行っています!

春の暖かな日差しが感じられる日もありますが、まだまだ肌寒い今日この頃。生産者のもとでは、ビニールハウスで育つ苗の管理、畑の雪解けを促進するための融雪材の散布など、農作業の準備が本格化しています。

この時期、JAきたみらいの中でひときわ忙しい購買部では、生産者の皆さんが春から使用する農薬準備の真っ最中! 資材店舗などの大きな倉庫には農薬がぎっしり積み上げられており、その農薬と名簿を照らし合わせながら生産者一戸一戸に振り分け、配送しています。

そして4月に入組を控えた新入職員たちが、新人研修の一環として3月上旬から購買部の業務を手伝っています。

新入職員実習の様子1
新入職員実習の様子2

先輩から指導を受けながら、一生懸命作業をしていました!

この春入組する新入職員10名は、今後もJAカレッジでの研修や当JA理事宅で春と秋に農家実習などを経験する予定です。

2020年3月13日 [きたみらいの今]

てん菜(ビート)の播種プラント作業が始まりました!

JAきたみらいでは、3月上旬からてん菜(ビート)の播種プラント作業が始まりました。温根湯地区では3月9日から作業を開始し、生産者の皆さんは手際よくペーパーポットに土を詰め、種を蒔いていました。1日でペーパーポット約700冊できるそうです。作業手順を画像でご紹介しますね。

1、てん菜用のペーパーポットに土を詰める

ペーパーポットに土を詰める作業

2、土を詰めたペーパーポットに種まきをする

ペーパーポットに種まきをする作業

3、まいた種に覆土する

蒔いた種に覆土する作業

種が詰められたペーパーポットはその日のうちに生産者に配られます。JAきたみらい地域では、てん菜の播種プラント作業は3月下旬まで続きます。

2020年3月10日 [きたみらいの今]

きたみらい西地域にて畑の融雪作業が開始されました!

日中の気温が高くなり、だんだんと春の気配が強まっている北見。JAきたみらい西地域でも先週末より融雪剤の散布が開始されました。写真は散布風景です。

融雪剤散布風景1

融雪剤散布は、畑に積もった雪の融雪促進を目的に行い、4月からの早期の整地作業や、播種・定植作業の実施を可能にするべく行われます。ここ近年は、春作業も好天により年々早まりつつあるため、この融雪剤散布作業が非常に重要となっております。

融雪剤散布風景2

あと1カ月ほどで春本番。本年も昨年と同様に天候に恵まれ、春の作業が順調に終わることを期待しています♪

2020年2月25日 [きたみらいの今]

大阪で行われた北海道産品取引商談会に参加してきました!

北海道産品取引商談会レポ1

2月7日(金)、大阪にあるホテル阪急インターナショナルにて「北海道産品取引商談会」に参加させていただきました。もちろん雪はなく、最高気温11度。氷点下との気温差を体感してきました。

北海道産品取引商談会レポ2

今回参加させていただいた商談会は、北海道を代表する食品産業である加工食品を中心に広く紹介宣伝し、道外市場における販路拡大と通常取引の増大を図るために開催された商談会です。JAきたみらいは、札幌や東京での商談会は何度も参加していましたが、初めての関西方面の商談会ということで大阪において百貨店及びスーパーの担当バイヤーの方々と商談することができました。

北海道産品取引商談会レポ3
北海道産品取引商談会レポ4

JAきたみらいでは、オリジナル加工商品「玉ねぎと牛すじのカレー」をはじめ「黒酢が入った玉ねぎドレッシング」等全14種類の加工商品をラインナップとしました。さらに、いずれもJAきたみらいが生産量日本一を誇る白花豆と玉ねぎを原材料とした「白花美人」と「芳醇 玉葱醤油」の試食提供を行い商談に挑みました。

今後も多くの商談会に参加をし、販路拡大につなげていきたいと思います。

2020年2月20日 [きたみらいの今]

この時期の農作業でよく聞く「床伏せ」とは?

前回の記事でご紹介した通り、2月の中旬からきたみらい地区では玉ねぎの播種作業が始まっています。そんな中、あちこちの農家さんでよく聞く「床伏せ」という言葉が何を意味しているか皆さんご存じでしょうか?

玉ねぎの床伏せの様子1

床伏せとは、玉ねぎの播種作業が行われた育苗マットを上の写真のように、ビニールハウス内に敷き詰めることです。この床伏せは、一見育苗マットを並べるだけの簡単な作業のようにも見えますが、ハウス内への冷気の侵入を防ぐことや内部を平らに整地すること、適度な水分状態を保って育苗マットの底との密着をよくするなど、細心の注意を払う必要があります。床伏せを適切にできないと、苗の生育に差が出てしまい、収量が少なくなってしまう大きな要因の一つとなってしまうのです。

玉ねぎの床伏せの様子2
玉ねぎの床伏せの様子3

こちらの写真は温度を高めるために、並べられた育苗マットに被覆資材をかけ、トンネル型にシートをかける様子です。シートをかける際には少なからず人手も必要になってくるのが分かります。

床伏せが行われた後も、育苗マット内の土の水分管理や、雪解け水がハウスの中に侵入するのを防ぐなど、さまざまな手間をかけて育てられていきます。玉ねぎの今後の生育に注目ですね!

2020年2月17日 [きたみらいの今]

極寒の中、ビニールハウスで玉ねぎの種まきが始まっています!

2月中旬、最低気温がマイナス20度を下回る日もある極寒のきたみらい地域では、玉ねぎの播種作業がスタートします。

玉ねぎ播種作業の様子1

上の写真は、玉ねぎ播種プラントで播種作業が行われている様子です。播種プラントとは共同で播種を行う組織のことで、訓子府町玉葱共同播種集団では2月14日から操業が始まっています。畑に植えられる前の玉ねぎは育苗マットと呼ばれる容器で栽培されます。播種工程のほとんどが機械化されており、小さなくぼみの一つ一つに育苗専用の土が詰められ、そこに種が落ちる仕組みになっています。

玉ねぎ播種作業の様子2
玉ねぎ播種作業の様子3

こんなに寒い季節に播種をするのには理由があります。

玉ねぎは北海道産と本州産で栽培時期が異なります。本州産玉ねぎは秋まき(9~10月頃)で、畑で越冬して、翌年春に収穫されます。これに対して北海道では冬期間、寒さが厳しく畑は雪で覆われるため、春まき(2~3月頃)で、雪が溶けてから畑に移植され、同年秋に収穫されます。つまり、北海道では冬の寒さが厳しく夏も短いことから、出来るだけ早く畑に移植をして、十分な栽培期間を確保するために2月から播種行っているというのが理由の1つです。

また出荷時期も関係しています。国内主要産地の出荷時期は、本州産は2~9月、北海道産は8~5月となっています。本州産の出荷が終盤を迎える時期は国内の供給量も少なくなってくることから、安定した供給量を確保するため、北海道の産地では8月からの早期出荷に取り組んでいます。そのため出荷時期から逆算すると2月の寒い季節に播種を行う必要があるのです。

こうして播種された玉ねぎは春に畑に移植されるまでの2カ月間を温度管理されたビニールハウスの中で過ごします。雪解けまではまだ時間はありますが、生産量日本一、きたみらい玉ねぎの令和2年がスタートです!

玉ねぎの苗