ホームきたみらい通信きたみらいの今 > 令和2年産水稲(もち米)の植え付けが終盤を迎えています!

きたみらい通信

2020年6月8日 [きたみらいの今]

令和2年産水稲(もち米)の植え付けが終盤を迎えています!

6月に入り、だんだんと夏の陽射しも強く感じられるようになったJAきたみらい地域。春から開始された玉ねぎの定植作業やじゃがいもの植え付けなども終わり、5月下旬より始まった水稲(もち米)の定植作業が終盤を迎えております!

ビニールハウスで約1カ月間大切に育てられた苗は、植え付け前に水を入れた水田を「代(しろ)かき」という作業で水の中の土を均一にした後、植え付けられます。

水稲苗移植作業の様子1
水稲苗移植作業の様子2

こちらは移植機は8条(じょう)植えで、下の写真のように随時苗箱を機械へ補給しながら作業が進められています。

水稲苗移植作業の様子3

JAきたみらいでは今年度約712ヘクタールほどの作付けを予定しており、今秋には加工されたもち米を使用した商品をお求めいただけると思います。生産者の方々が丹精込めて作っているもち米を本年もどうぞ楽しみにお待ちください!

水稲