ホーム > きたみらい通信

きたみらい通信

【連載】赤たまねぎ/6月の畑と苗の様子&「きたみらい赤玉葱振興会」の設立総会開催

去る6月5日、JAきたみらいセンター事務所にて「きたみらい赤玉葱振興会」の設立総会・第1回定期総会が開催されました。きたみらい地域に2つあった赤玉ねぎの生産組合が、新たな組織を立ち上げ、高品質な生産と販売拡大に向けてスタートを切りました! 新型コロナウイルスの影響から総会の開催は遅れましたが、これまでの記事でもお伝えしている通り令和2年産の栽培はすでに始まっています。

「きたみらい赤玉葱振興会」の設立総会

さて、今回も畑の様子を見てみましょう。

赤玉ねぎ5月と6月の比較

左が5月26日、右が今回6月23日の撮影です。もう、畝間(うねま)が見えないほど大きくなり、畑の眺めもがらっと変わりました! この撮影の前週に恵みの雨も降り、すくすく順調に育っています♪

【玉ねぎのマメ知識】
上の写真でもわかるように、茎の根元が徐々に膨らんできました。

鱗茎

この部分こそ、私たちが普段玉ねぎとして食べているところで、「鱗茎(りんけい):鱗葉の集合体」と呼びます。この鱗茎の膨らみ方は葉(鱗葉)と大きく関係しています。

葉がついたままの状態の玉ねぎを縦半分に切ってみます。

鱗茎縦割り

そしてこちらが、半分に切らずに、葉を一枚ずつはがしたものです。

鱗茎をはがした図

葉一枚一枚が、鱗茎とつながっているということがよく分かりますね(ちなみに、赤玉ねぎが中心部分まで赤くなるのはもう少し先です)。葉が大きく厚みを増すと、鱗茎も同じく厚みを増します。また、成長するにつれて内側から新しい葉が一枚ずつ出てきて、鱗茎の枚数も増えます。つまり、葉の一枚一枚が玉ねぎ自体の仕上がり(大きさ)にも影響するということ。葉を傷つけてしまうと傷口から病気が入って、鱗茎が傷んでしまうこともあります。ですから、生産者の皆さんが管理作業で玉ねぎ畑に立ち入るときには、葉を傷つけないよう作業の方法やタイミングに気を付けていますよ。

丁寧な管理作業、収穫を経て、皆さんのもとにおいしい赤玉ねぎをお届けできるよう、これからも生産者の努力は続きます。

2020年7月2日 [きたみらいの今]

令和2年度の新規就農者激励状授与式を開催しました

JAきたみらいは6月25日に新規就農者激励状授与式を開催しました。この授与式は例年行われており、JAグループ北海道からの激励状や記念品を新規就農者へ贈呈しています。

今年度、当JAの新規就農者数は14人で、この日は10人が参加しました。

新規就農者激励状授与式の様子 大坪組合長

大坪組合長からは、「地域の若い力として、先輩の声に耳を傾け農作業に従事してほしい。JAグループは皆さんの営農を支えるので、困ったことがあれば気軽にJAに相談してくれれば」と激励の言葉を送り、参加した新規就農者の皆さんは真剣に耳を傾けていました。

その後、大坪組合長から参加者に激励状が手渡されました。

激励状授与1 激励状授与2

激励状授与式に参加した方は、「地域の同じように就農した人に会ってとても刺激を受けた。これからたくさん経験を積んで高収量高品質の作物を作りたい」と意気込みを話しました。

集合写真

新規就農者の皆さん、これから頑張ってください!

2020年7月1日 [お知らせ]

JAきたみらい ホクレン全給油所統一キャンペーン「大感謝祭」と公式アプリのお知らせ

JAきたみらい ホクレン給油所 大感謝祭

2020給油所大感謝祭チラシ
画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

 

JAきたみらい ホクレン全給油所では、統一キャンペーン「大感謝祭」を開催いたします。

  • 開催日 / 令和2年 7月9日(木)・10日(金) 8:00~19:00
    • 店頭でガソリン・軽油が店頭表示価格より税込み3円/リットル引き(※配送分は除きます)
    • 店頭でガソリン・軽油を20リットル以上満タン給油で、BOXティッシュ1パック(5個入)をプレゼント(※最大2パックまで)
    •  

皆さまのご来店を、スタッフ一同お待ちしております!

 

JAきたみらい給油所 公式アプリ登場

きたみらい給油所のイベントや、お得なキャンペーン情報をお届け!

プッシュ通知をONにすると、いち早く情報が手に入ります。

店頭でガソリン・軽油の給油でスタンプゲット、集めて景品プレゼント!

スタンプを集めていただくと、選べる景品をプレゼントいたします(※個人所有のお車に限らせていただきます)。アプリのダウンロードはiPhone、Androidにて、画像のQRコードよりお願いいたします。

 

アプリでお得にJAきたみらい ホクレン給油所をご利用ください! お問い合わせは、最寄りの給油所までお気軽にお尋ねください。

2020年6月29日 [きたみらいの今]

酪農家のエサ作りをドローンで見てみよう! 牧草の収穫、バンカーサイロへの踏み込み作業

現在、きたみらい地域では牧草の収穫が始まりました! 今回は牧草の収穫作業、バンカーサイロへの踏み込み作業をドローンで撮影しました。上空からの迫力ある写真で、酪農家の作業風景をのぞいてみてください。

収穫作業の様子です。あらかじめ牧草を借り倒し、左側の機械(自走式ハーベスター)で細断し、アームから右側のダンプカーにはき出します。この作業は伴走しながらの作業となるため、お互いの息を合わせることが重要です。

収穫作業の様子

次はダンプカーから、先程の牧草をバンカーサイロに下ろします。バンカーサイロとは、サイレージと呼ばれる牛の餌を作るためのコの字型の飼料貯蔵庫のことを言います。

バンカーサイロへの踏み込み作業の様子1

ダンプカーから牧草が下ろされると、ショベルカーで踏み込みをします。サイレージにする際に空気が入ると、品質が落ちてしまうことがあるため、酪農家は一生懸命丁寧に踏み込みをします。

バンカーサイロへの踏み込み作業の様子2

今回は牛のエサ作りである牧草の収穫をお届けしました。酪農家の仕事一つひとつが、私たちへおいしい牛乳を届ける第一歩となっています。

新型コロナウィルスの影響を受け、牛乳や乳製品の消費が減少傾向にあります。この記事を読んで、毎日牛を育てている酪農家のために、少しでも多くの牛乳や乳製品を食卓に取り入れていただけたらと願っています。

2020年6月26日 [きたみらいの今]

きたみらい産トマトを出荷中! 収穫と選果の様子をご紹介します

今回は、トマトの収穫と選果の様子をお伝えします。

トマト苗の様子1

ビニールハウス全面にトマトの苗が生育しています。種をまいてから約7週間が経過しています(6月9日現在)。撮影にご協力いただいた生産者のお宅では、約4,200株のトマトを育てています。

トマト苗の様子2

こちらの写真は、1枚目の写真の苗より約2週間遅く種まきをしたものです。2週間の成長の違いをお分かりいただけますか? 生産期間を長くすべく、ビニールハウスごとに約2週間ずつずらして種まきを行うため、最後の収穫は11月頃です。

収穫の様子

収穫の様子です! 一つひとつ丁寧に収穫を行います。収穫時のトマトは真っ赤なトマトではなく、少し青い状態で収穫し選果をします。

選果の様子1
選果の様子2
選果の様子3

選果場にやってきたトマトは選果ラインに流され、商品にできるかひとつずつ目で確認を行います。その後、重量により規格分けが行われきれいにダンボールに詰められていきます。

出荷の様子1
出荷の様子2

最後に梱包し、出荷します。

出荷の様子3

JAきたみらい産のトマトは6月から11月頃まで出荷予定です。北見市内を中心に出荷しておりますので地場産トマトをぜひ味わってくださいね!

2020年6月22日 [組合員活動報告]

花いっぱい! JAきたみらい女性部相内支部による花壇作りが行われました

6月の北見は気温も高まり、いよいよ夏本番へと向かっています。そんな中、JAきたみらい女性部相内支部による花壇作りが行われました!

花壇づくりの様子1

女性部の皆さんが手早く土を起こし、花を植える準備をしています。

花壇づくりの様子2

花苗はJAきたみらい相内地区事務所前にある花壇に植えられており、毎年植えるお花の種類や配置を変えています。相内地区事務所の花壇作りの歴史は古く、農協合併前から女性部と協力して行っており、北見市主催の花壇コンクール街路花壇の部で何度も最優秀賞を受賞しています。

   

今年は赤色のサルビア、黄色いマリーゴールド、緑のテランセラが色とりどりに植えられました。

花壇づくりの様子3

通り掛かる利用者の目にも留まったようで、「とても植え方がきれいで華やか! 癒やされました」とうれしそうにおっしゃっていました。相内を訪れる際はぜひ、花壇の花に目を向けてみてください!

2020年6月19日 [きたみらいの今]

水田で最先端ドローンを使った防除試験を行いました!

ドローン防除試験の様子1
ドローン防除試験の様子2

去る6月10日、気温30度を超える中、北見市端野町のうるおいファームの従業員として働いている内木さんが、ドローンを使った防除の試験を行いました。

ドローン防除試験の様子3
ドローン防除試験の様子4

JAきたみらいが位置するオホーツク管内は、もち米の作付け面積・収穫量共に上川管内に次ぐ北海道2位の産地ですが、当JAでの実用化はまだ少ないドローン防除。規模拡大・高齢化が進む昨今、労力軽減が可能になり、ひとりでもドローン1つで大きな面積を管理できるといったメリットがあります。

この試験はについては北海道新聞朝刊にも掲載され、今後への期待が高まっています。現在はボートやヘリ、ビークルという機械で水田の管理を行っていますが、今後は多くの生産者の助けになるドローンが普及するよう、活用していきたいです。

試験に活用された田んぼで育つ水稲は、例年7月末頃に穂が出始め、8月上旬に開花。9月下旬~10月上旬に稲刈りを行い、もち米として販売されます。品種は「きたゆきもち」で、北海道の雪のような白さが特徴のひとつです。見掛けた際はお手に取ってみてください。

きたゆきもち
2020年6月16日 [レシピ]

ベトナムから来た外国人技能実習生直伝! 本場ベトナムの揚げ春巻きレシピをご紹介

JAきたみらいでは、今年度より農業人材確保・育成を目的に外国人技能実習生の受け入れを始めました。近年、農業労働者不足は深刻化しており、労働者の高齢化や人材不足に悩む農家が多い中、働き手を確保していくとともに生産基盤の維持を目指してこれまで検討を重ねてきました。

農業技術や日本語の知識習得を目指す9人の技能実習生が、4月上旬にベトナムからきたみらい地域に到着。そして4月下旬から、当JAが管理する農業技術センターの試験圃場で玉ねぎなどの植え付け作業や農家の圃場でじゃがいもの被覆作業、玉ねぎ、てん菜の補植作業を行いました。今後は人手を要する作業を中心に、農家から請け負った農作業や選果場での選別作業などを行う予定です。

玉ねぎの補植作業の様子

そこで今回は、外国人技能実習生が教えてくれた本場の味、ベトナム料理をご紹介します!

揚げ春巻き(ベトナム語では、チャーヨー)

ベトナム揚げ春巻き

材料(3~4人分)

~春巻き~

  • 春巻きの皮:10枚程度
  • 豚ひき肉:150g程度
  • きくらげ:適量
  • サツマイモ:1/2本
  • ニンジン:1/2本
  • キュウリ:2本
  • サニーレタス:1パック
  • コショウ:少々(★)
  • 味の素:少々(★)
  • ヌクマム(魚醤、ナンプラー):小さじ1(★)
  • サラダ油:適量

~つけダレ~

  • ニンニク:1かけ(お好みで調節)
  • トウガラシ:2本
  • コショウ:少々
  • レモン汁:20ml
  • 砂糖:大さじ1
  • 水:20ml
  • ヌクマム:30ml

作り方

~春巻き~

  1. きくらげを洗って、15分~30分程度ぬるま湯につけ、戻す
  2. サツマイモとニンジン、きくらげを、4~5㎝くらいの長さで千切りにする
  3. フライパンに油を引き、豚ひき肉とサツマイモ、ニンジンを炒める。全体に火が通ったら(★)を入れて味付けをする
  4. 3が少し冷めたら、春巻きの皮できれいに包む
  5. フライパンに油を注ぎ、油の温度が100度くらいで春巻きを入れ、全体がきつね色になるまでじっくり揚げる

~つけダレ~

  1. ニンニクとトウガラシをみじん切りにする
  2. 砂糖を水に溶かし、そこにその他の調味料を入れて混ぜたら完成

ワンポイント

  • 春巻きは、キュウリと一緒にサニーレタスで巻き、つけダレにつけて食べるとさらにおいしいです!

 

海外旅行ができない今、ご自宅で外国料理を作って海外気分を味わってみましょう☆

2020年6月8日 [きたみらいの今]

令和2年産水稲(もち米)の植え付けが終盤を迎えています!

6月に入り、だんだんと夏の陽射しも強く感じられるようになったJAきたみらい地域。春から開始された玉ねぎの定植作業やじゃがいもの植え付けなども終わり、5月下旬より始まった水稲(もち米)の定植作業が終盤を迎えております!

ビニールハウスで約1カ月間大切に育てられた苗は、植え付け前に水を入れた水田を「代(しろ)かき」という作業で水の中の土を均一にした後、植え付けられます。

水稲苗移植作業の様子1
水稲苗移植作業の様子2

こちらは移植機は8条(じょう)植えで、下の写真のように随時苗箱を機械へ補給しながら作業が進められています。

水稲苗移植作業の様子3

JAきたみらいでは今年度約712ヘクタールほどの作付けを予定しており、今秋には加工されたもち米を使用した商品をお求めいただけると思います。生産者の方々が丹精込めて作っているもち米を本年もどうぞ楽しみにお待ちください!

水稲