ホーム > きたみらい通信

きたみらい通信

2022年6月28日 [レシピ]

乳製品(スキムミルク)を使った「トマト丸ごと炊き込みご飯」のレシピをご紹介!

皆さんは、お料理にスキムミルクを使っていますか?

スキムミルクは、日本では「脱脂粉乳」とも呼ばれていて、牛乳から脂肪分や水分を取り除き、粉末状にしたものです。かつての戦後の日本では、水に溶かしたものを牛乳の代わりに用いていた時期もありました。当時は臭みが強く、水に溶けにくいといった問題点がありましたが、現在は風味がより良くなっていて、水にも溶けやすく改良されています。

スキムミルクといえば、「パンやお菓子作りに使うのでは」と想像される方が多いのではないでしょうか。もしくは「何に使えばいいのか分からない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、普段の料理で使えるスキムミルクを使用したレシピをご紹介します!

トマト丸ごと炊き込みご飯

トマト丸ごと炊き込みご飯

材料(3~4人分)

  • お米:2合
  • トマト:1個
  • 玉ねぎ:1個
  • ハーフベーコン:5枚
  • コンソメ:2個(キューブの場合)
  • 塩こしょう:少々
  • スキムミルク:大さじ4

作り方

  1. トマトはヘタを取り、表面に切り込みを入れる
  2. 玉ねぎ、ベーコンはお好みの大きさにカット
  3. お釜に洗ったお米、水、コンソメ、塩こしょう、スキムミルクを加えて混ぜ合わせる
  4. ※水はご飯の分量に合わせて、コンソメは細かく砕いて入れます
  5. 細切りしたベーコン、玉ねぎを加え、トマトを丸ごと中央に乗せて炊飯スタート
  6. トマト丸ごと炊き込みご飯作り方1 トマト丸ごと炊き込みご飯作り方2
  7. 炊きあがったらトマトを潰しながら全体を混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です

スキムミルクを使用することで不足しがちなカルシウムを手軽に摂取できますので、「プラスワン乳製品」としてぜひ作ってみてください!

2022年6月20日 [きたみらいの今]

JAきたみらい職員の研修でホクレン肥料と訓子府石灰工場の視察を行いました!

令和4年6月10日、JAきたみらいの現場担当職員20名で内部研修会(工場視察)を行いました。今回はホクレン肥料(株)北見工場と訓子府石灰工場(株)日の出工場を視察。肥料を製造する過程や、肥料の配合方法などの詳しいお話を伺うことができ、大変貴重な経験になりました!

ホクレン肥料(株)北見工場

▲ホクレン肥料(株)北見工場の施設や、肥料を作っている様子

訓子府石灰工場(株)日の出工場

▲訓子府石灰工場(株)日の出工場の施設と、鉱山

今回視察して学んだ経験をこれからの技術指導の強化に役立てていきます!

2022年6月14日 [地域紹介]

きたみらい地域をカントリーサインからご紹介します!【訓子府町編】

きたみらい地域のひとつ、訓子府町のカントリーサインはこちらです!

訓子府町カントリーサイン

訓子府町の特産品から、メロンが描かれていますね! くんねっぷメロンは、とても甘くて果肉が大きく高い人気を誇ります。きたみらい地域は朝晩の寒暖差が大きいため、良質な農作物が育ちます。糖度が高く、栄養満点のくんねっぷメロンはお中元などのギフトに最適ですよ♪

くんねっぷメロン

JAきたみらいでは、ショップきたみさんにて訓子府・北見メロンの取り扱いをしており予約購入が可能です!
JAきたみらい メロン(赤肉) 2玉×1箱【北海道 JAきたみらい】
皆さんもぜひ召し上がってみてくださいね。

また、訓子府町にはご当地グルメとして「訓子府たれカツ丼」があります。卵でとじないカツ丼で、醤油ベースでサクサクとした触感が楽しめ絶品です。

訓子府たれカツ丼

他にもおいしくて、すぐに売り切れてしまうお菓子屋さんやお子さんと一緒に遊べる広い公園など、魅力あふれる訓子府町です! 近郊にお住まいの方は、今週末でも訓子府町で「たれカツ丼」を食べて、公園でゆっくりするのはいかがでしょうか。

2022年5月30日 [きたみらいの今]

牛乳消費拡大運動PR動画第2弾! きたみらい酪農青年部の片桐部長が登場しています

JAきたみらい畜産部では、Facebookや当ブログを通し、多くの消費者の皆さまに生乳の消費拡大運動について認知・共有していただきたく、消費拡大PR動画を投稿しております。

今回は第2弾として、きたみらい酪農青年部片桐部長が出演しており、搾乳風景や仔牛の哺乳など生産現場もご覧いただけます。

皆さまには、さらなる牛乳消費拡大へのご協力を何卒よろしくお願いいたします!

2022年5月24日 [きたみらいの今]

JAきたみらいでは、計9台のドローンを農業に活用しています!

JAきたみらいには、計9台のドローンがあり、センター事務所に2台、各事務所に1台ずつ設置されています。所有しているドローンについては、資格認定者のみ操縦が許可されており、記述試験合格・講師指導による実地操縦が必須条件となっています。

ドローン

ドローンは主に畑の写真や動画を撮影するために使用しています。ドローンから見る収穫作業風景は、圧巻です!

収穫作業風景

そのほか、畑の大規模な土地改良の様子を撮ることもあります! こちらの写真は草地だった場所の土地改良を行い、畑にしているところです。

土地改良前

↑土地改良前

土地改良作業中

↑土地改良作業中

また作物の生育不良で原因が分からないとき、ドローンで畑全体を撮影することによって原因が判明することも! 近くでは気付けなくても離れて見てみると分かることがあるのです。

JAきたみらいでは、これからもさまざまな写真や動画などを撮影して農業に活用してまりいます。

2022年5月17日 [レシピ]

簡単 !おいしい! JAきたみらいの「玉ねぎうま塩」を使ったパスタレシピをご紹介します

今日は、JAきたみらいのオリジナル加工商品玉ねぎうま塩」を使った絶品レシピをご紹介します!

玉ねぎうま塩

決めては玉ねぎの “コク”! 絶品たらこスパゲティ

絶品たらこスパゲティ2

材料(1人分)

  • たらこ:40g(A)
  • バター:10g(A)
  • 玉ねぎうま塩:5g(A)
  • パスタ:90g

【トッピング】

  • 大葉:お好みで
  • ゴマ:適量
  • 小口ねぎ:お好みで

作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、塩を(塩分1%になるように)入れ、パスタを表記通りに茹でる
  2. 材料(A)をボウルに入れる
  3. 茹でたパスタを2に入れ和える。(小さじ2の茹で湯を入れる)
  4. お好みで大葉やゴマ、ネギなどトッピングを加えて完成!

※うま塩は味がしっかりと出るため、量はお好みで調整してください。


ワンポイント

  • 茹で湯を入れることで、麺がほぐれやすくなります♪
  • 玉ねぎうま塩を使うことで、玉ねぎベースの “コク” が出てうま味が広がるパスタです。
絶品たらこスパゲティ

今日の晩ご飯はこのたらこスパゲッティを作ってみてはいかがでしょうか。皆さんもアイデアレシピがあればぜひFacebookのコメント欄で教えてください!

 

レシピ提供:イタリア食堂 晴(はる)

きたみらい地域の桜の名所「金刀比羅さくら公園」より春の風景をお届けします

この時期、朝晩の寒暖差が20度を超える日もあるきたみらい地域。今年は4月下旬から5月上旬にかけて桜が見頃を迎え、桜の名所として北見市民に親しまれている「金刀比羅さくら公園」では約30,000平方メートルの山肌に約650本のエゾヤマザクラが咲いていました!

金刀比羅さくら公園 金刀比羅さくら公園2 金刀比羅さくら公園3

ゴールデンウィーク期間中はライトアップされ、昼間とは違う雰囲気の夜桜を楽しむことができました。

金刀比羅さくら公園4 金刀比羅さくら公園5

2022年の「上ところ金刀比羅山桜まつり」は新型コロナウイルス感染症の影響で中止でしたが、来年は桜を見ながらお祭りを楽しめるといいですね!

【金刀比羅さくら公園】
場 所:北見市常川446-7(上ところ金刀比羅神社隣接)
駐車場:あり

2022年4月26日 [きたみらいの今,地域紹介]

お肉と一緒に牛乳を飲みませんか? 北見市内の焼き肉屋さん2店が牛乳提供にご協力

5月にかけて牛乳や乳製品の消費の落ち込みが予想されるため、生乳廃棄の危機がいまだ続いています。この状況を受け、北見にある焼き肉屋「焼肉ぎゅうしゃ」「やきにくや 端野店・緑町店」では、きたみらい牛乳の提供を始めました!

焼肉ぎゅうしゃ

焼肉ぎゅうしゃ

岡田代表は株式会社FReeeeの代表でもあり、酪農家がお休みを取る際に代わりに搾乳や餌やりなどをされる酪農ヘルパーの仕事も行っています。酪農家にとって身近な存在である岡田代表から、コメントをいただきました。

「酪農家の方が大変な状況にいることはひしひしと感じています。ちょっとでも力になりたいと思い、今回牛乳の提供を始めました! 牛乳を提供することで、お客様に今の酪農家の状況が伝わり、牛乳消費を手伝っていただければうれしいです。」

☆焼肉ぎゅうしゃ
住所:〒091-0029 北見市留辺蘂町旭1区186-16
TEL:0157-33-4444
提供期間:4月いっぱい

 

やきにくや 端野店・緑町店

やきにくや 端野店

酪農家が生乳廃棄の危機に直面している話を聞き、「牛乳消費の助けになりたい」という強い気持ちから牛乳提供を始めた林店長。このようなコメントをくださいました!

「やきにくやを運営する上で、牛乳ではありませんが牛と深く関わっています。 “焼肉の街北見” で牛乳と焼肉を結び付けようと思い、4月から無料で牛乳提供を始めました。焼肉 = 牛 = 牛乳という新しいスタイルを北見に浸透させていきたいです!」

☆やきにくや
・端野店
住所:〒099-2103 北見市端野町三区438-2
TEL:0157-56-4129
・緑町店
住所:〒090-0055 北見市緑町1丁目1-16
TEL:0157-36-1809
提供期間:4月以降引き続き提供

 

牛乳提供の様子

お二方共に、酪農家を助けたいという気持ちから動いてくださったんですね・・!この機会にぜひ足を運んでみてください。おいしいお肉と牛乳が皆さまを待っています!

2022年4月22日 [お知らせ]

HBC「あぐり王国北海道NEXT」のご当地JAカレー1グランプリにJAきたみらいも参戦!

北海道内にお住いの皆さんにはお馴染みのテレビ番組「あぐり王国北海道NEXT」(HBC北海道放送)。この番組内で開催される「ご当地JAカレー1グランプリ」に、JAきたみらいも「玉ねぎと牛すじのカレー」でエントリーいたしました!

あぐり王国北海道NEXTでの一幕

最近は、農業の6次化に向けた動きが活発化しており、全国のJAが地域の農産品を使ってさまざまな商品開発を行っています。その中でもレトルトカレーは激戦区で、スーパーでも多種多様なカレーが見られますよね。

今回番組では「どこのJAのカレーが一番おいしいのか、はっきりさせようじゃないか!」ということで、ルーのクオリティ・具のクオリティ・価格とのバランスの3つの視点で採点していただきました。

あぐり王国北海道NEXTでの森崎博之さん

審査中の森崎博之さん

 

JAきたみらいの玉ねぎと牛すじのカレーは以前、前澤友作氏に「レトルトカレーの最高峰」とご紹介していただきました。生産量日本一を誇るきたみらい産玉ねぎと北海道産の牛すじ肉をとろとろになるまで煮込んだ自慢の牛すじカレーは、審査員、各JAの皆さんにどう評価されたのでしょうか!? 結果はいかに・・?

放送予定は、2022年4月23日(土)、4月30日(土)の17:00~17:30です。どうぞお見逃しなく!

 

(写真提供:HBC北海道放送