ホーム > きたみらい通信

きたみらい通信

2021年5月13日 [商品情報]

JAきたみらいの玉ねぎを使ったオリジナル加工商品「まろ旨! オニオンコンソメ」のご紹介

暦の上では初夏を迎えておりますが、JAきたみらい地域では、気温が低く天気もパッとしない日々が続いています。特に朝晩の冷え込みは厳しく、こういった日には何か温かいものが恋しくなります。

JAきたみらいでは、オリジナル加工商品のひとつとしてまろ旨! オニオンコンソメを販売しています。このオニオンコンソメは、JAきたみらいの玉ねぎを使った万能調味料で、そのままお湯に溶かしてスープとして飲んだり、チャーハンや野菜炒めの味付けなどに使ったりできます。

朝食の付け合わせとして「まろ旨!オニオンコンソメ」を飲んで、朝の体温を高めるのもおすすめです。皆さんもこのスープで温活しませんか?

お求めは、北見市内のきたみらい地域内エーコープ、イトーヨーカドー北見店、コミュニティプラザパラボ/まちきた大通ビル地下1階、東武イーストモール端野店、(株)ほくべいのオンラインショップ(楽天市場)で!

まろ旨! オニオンコンソメ
2021年5月6日 [きたみらいの今]

令和3年度新入職員11名が農家実習を行いました!

4月下旬にも関わらず季節外れの雪が降る日もあったきたみらい地域ですが、植え付け作業など春の農作業が本格化しています。(撮影日5月1日:上常呂金比羅山の様子)

上常呂金比羅山の桜 上常呂金比羅山の桜2

繁忙期を迎えたきたみらい地域の農家さんは、世間とは少し違ったゴールデンウィークを過ごしました! そして令和3年度の新人職員11名が、4月21日~5月5日の間、当JAの生産者さんのもとで農家実習を行いました。

農家実習の様子1

玉ねぎてん菜(ビート)の苗運びや補植作業、牛舎内の清掃などさまざまな作業を行った新人職員たちの中には、初めて農作業を体験した職員もいて、とても貴重な経験になったと思います。

農家実習の様子2

営農振興部企画振興グループの加藤拓海職員は、「玉ねぎだけでもたくさんの作業があることを知り、分からないことばかりでしたが、とても充実した時間になりました」と話してくれました。

農家実習の様子3

この農家実習を通して組合員の方とも交流を深め、JAきたみらいの職員として今後に活かせることを期待しています!

2021年4月30日 [きたみらいの今]

令和3年産の水稲(もち米)、播種から伏せ込み作業までが終了しました!

4月下旬、玉ねぎの定植作業やてん菜(ビート)の播種作業などで生産者の方々は最盛期を迎えています。

そのような中、JAきたみらい相内地区では水稲(もち米)を播種してからビニールハウス内へ移すまでの作業が終了しました。水田に定植される前の作業として行われる一連の流れを、今回は簡単にご紹介します!

播種から始まり本田(水田)へ移植するまでの管理作業は、「苗半作」というように、苗づくりの良し悪しで初期生育に差がついたり、その後の収量や品質への影響を左右したりするため、とても重要な作業です。

 

1、床(とこ)づくり:播種済みポットをビニールハウス内へ伏せ込む前に、ハウス内へかん水し適度な土壌水分にします。

水稲床づくり

2、播種作業:専用のポットへ培土、米の種子を専用の機械で播きます。

水稲播種作業

3、ビニールハウス内への伏せ込み:2で播種したポットをハウス内へ並べ均等に鎮圧します。

水稲伏せ込み

4、並べ終えたポットへかん水と被覆作業:発芽が均一になるようポットへかん水を行います。かん水を終えると写真のようにポリ材にて被覆をし、苗の出芽促進を図ります。

かん水と被覆作業 かん水と被覆作業2

5、トンネル作り:出芽が均一になるよう、さらに被覆したポリ材の上にトンネルを作ります。

トンネル作り トンネル作り2

以上が伏せ込み作業後までの紹介です。このあと水田に定植されるまで、ハウス内の温度管理や水管理などさまざまな作業が続きます。

こうして手塩に掛けて育てられているきたみらい産のもち米。本年(令和3年)産もどうぞ楽しみにお待ちください!

2021年4月26日 [イベント情報]

旭川市内のダイイチ花咲店で「芳醇 玉葱醤油」の試食販売を行いました!

去る令和3年4月3日~9日、北海道旭川市内にあるダイイチ花咲店にてJAきたみらいのオリジナル加工商品、芳醇 玉葱醤油の試食販売を行いました。

試食販売の様子1

新型コロナウィルス対策を徹底し、密集しないよう、間隔をあける等の対策をとって実施。店内の一角でお客様に「JAきたみらいの炒め玉ねぎを使用したおいしいお醤油ですよ~」とお一人ずつお声掛けしました。

試食販売の様子2 試食販売の様子3

興味を持ったお客様が試食や商品を手に取ってくれていました。「おいしい!」と好評をいただき、そのまま購入してくださる方も多数!

玉葱醤油

卵かけご飯に、お刺身に、焼魚に、冷奴に! どんな料理もワンランク上にするJAきたみらいの玉葱醤油を見掛けた際は、ぜひこの味をお試しくださいね♪

2021年4月23日 [きたみらいの今]

玉ねぎの植え付け作業が始まっています!

きたみらい地域では4月に入って気温が上がり、春らしい暖かさになってきました。端野地区では4月14日から玉ねぎの植え付けが始まっています。2月頃よりビニールハウス内で大切に育てた苗を畑へ移植する作業で、この作業には専用の機械を使って行います。

玉ねぎの植え付けの様子1

植え付けは例年、4月下旬から5月中旬頃まで続きます。

玉ねぎの植え付けの様子2

機械で上手く植えられなかった箇所には補植作業を行います。畑を歩いて抜けている箇所を見つけ、人の手を使って苗を一つひとつ植えていきます。

玉ねぎの植え付けの様子3

今後は潅水(水まき)作業や病害虫防除などを行い、収穫までの管理を行います。農家の方々は生産量日本一のきたみらい産玉ねぎを皆さんの食卓にお届けできるよう、今日も頑張っています!

2021年4月20日 [きたみらいの今]

春まき小麦の播種作業が例年より早く進んでいます!

4月下旬に入りJAきたみらいでは、春まき小麦の播種作業がもうすでに終盤を迎えています。例年ならこれからが播種作業の最盛期となるところですが、今春は暖かく、ものすごい勢いで雪解けが進んで畑の土が乾きました。例年と比べ1週間ほど早い進捗状況となっています。

春まき小麦播種作業1

4月12日、北見市留辺蘂町瑞穂で農事組合法人瑞穂(代表:太田忠茂さん)の播種作業も始まりました。予定面積は約27ヘクタール。乾いた畑を探す必要もなく、3日ほどで播種作業が終わりました。

春まき小麦播種作業2

きたみらい地域の春まき小麦の品種は「春よ恋」、強力粉の小麦粉になります。パンやラーメンに向いていて、モチモチとした食感が特徴です。留辺蘂地区では春まき小麦が終わるとてん菜の播種と移植、玉ねぎの移植の順に作業が進んでいきます。

2021年4月15日 [商品情報,レシピ]

牛乳を使ったレシピ第2弾! 「きたみらい牛乳プリン」をご紹介します

前回は牛乳消費拡大運動として、きたみらい牛乳を使ったきたみらいシチューのレシピをご紹介しました。今回は牛乳レシピの第2弾! 材料4つで作れるお手軽な牛乳プリンのレシピをご紹介します!

きたみらい牛乳プリン

きたみらい牛乳を1瓶まるごと使用したぜいたくなプリンです♪

きたみらい牛乳プリン

材料(小カップで約2~3人分)

きたみらい牛乳プリン材料
  • きたみらい牛乳:180cc(1瓶)
  • 砂糖:大さじ3
  • ゼラチン:5g
  • くず粉 または 片栗粉:少量

作り方

  1. 鍋に牛乳と砂糖を入れ、砂糖が溶けるまで弱火でゆっくりと温めます。このとき、牛乳が沸騰しないように注意しましょう
  2. お湯でよく溶かしたゼラチンを1に入れます。ここで少量のくず粉または片栗粉を入れて混ぜると、なめらかな口当たりのプリンになります
  3. きたみらい牛乳プリン気泡
  4. 2を容器に入れます。入れたときに出る気泡が気になる方は、竹串などでつぶしておきましょう。粗熱が取れたら冷蔵庫でよく冷やして完成です

ワンポイント

  • ベリーソースやジャムを添えるとおいしさUP!
  • きたみらい牛乳は、北見市内のエーコープおけと店・るべしべ店、のつけ乃湯、おけと勝山温泉ゆうゆ、塩別つるつる温泉にて取り扱いをしています(※2021年4月現在)。毎週木曜午後~火曜の間で在庫限りの販売となっているため、品切れの場合があることをご了承願います。

    きたみらい牛乳

    きたみらい牛乳が近くにない・・という方は、市販の牛乳を使用してもおいしく仕上がりますので、牛乳を使った料理にぜひ挑戦してみてください!

2021年4月12日 [商品情報,レシピ]

きたみらい牛乳を使った「きたみらいシチュー」のレシピをご紹介します!

皆さんは普段から乳製品を食事に取り入れているでしょうか。乳製品は豊富な栄養素を含んでいるため、免疫力低下を防ぐ効果や生活習慣病の予防など日々の健康維持に貢献します。

そんな乳製品の原料である生乳は、春から初夏にかけての時期に牛が生乳を生産することに適した環境になることから一年を通して生産のピークを迎えます。しかし、昨年から続いている新型コロナウイルスの影響により今年も生乳の生産量と消費量が釣り合わずに生乳が余り、最悪の場合生乳の廃棄へとつながってしまうという予想がされております。

そこで今回は、牛乳消費拡大運動としてきたみらい牛乳を使用したレシピをご紹介します! 掲載したレシピ以外にも牛乳や乳製品を使った料理はたくさんありますので、ゴールデンウィークなどの休日を利用して、家族や大切な人へ手作りの料理やお菓子をプレゼントしてみるのもいいですね。

きたみらいシチュー

きたみらい産の玉ねぎがしっかり溶け込んだ本格シチューです♪

きたみらいシチュー

材料(4人分)

きたみらいシチュー材料
  • 鶏もも肉:300g
  • じゃがいも:2個
  • 玉ねぎ:1個
  • にんじん:1本
  • きたみらい牛乳:450cc(2.5瓶)
  • 水:250cc
  • コンソメ(固形タイプ):1個(顆粒の場合は大さじ1/2)
  • ローリエ:1枚
  • 小麦粉:大さじ3
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:適量
  • バター:10g程度

作り方

  1. 鶏もも肉、にんじん、じゃがいも、玉ねぎをお好みのサイズに切り分けます
  2. バターをひいた鍋に1と塩・こしょうを入れて炒めます。玉ねぎが透明になるまで炒めたらいったん火を止めます
  3. 小麦粉を鍋の具材にふり入れ、全体をよく混ぜます
きたみらいシチュー料理工程
  • 全体に小麦粉がなじんだ後、牛乳、水、コンソメ、ローリエを鍋に入れ再び中火で火にかけ煮立たせます
  • ポコポコととろみがついたように煮立ってきたら、弱火に火を調節し具材が鍋の底で焦げないように適宜混ぜながら煮込みます
  • きたみらいシチュー料理工程2
  • 10分から20分程度弱火で煮込んだら、最後に塩・こしょうで味を整えて完成!

  • ワンポイント

    • じゃがいも選びは煮崩れしにくく、皮がむきやすい「とうや」や、冬に旬を迎える「スノーマーチ」がお勧めです。

    JAきたみらいオリジナル商品のきたみらい牛乳は、1市2町の生産者が生産した生乳を100%使用した牛乳です。一般的な超高温瞬間殺菌法ではなく、低温長時間殺菌法を利用して製造されているので、一般的なパック牛乳と比較して牛乳本来のまろやかなコクと風味が特徴的なこだわりの牛乳に仕上げております。

    きたみらい牛乳

    次回は第2弾として、きたみらい牛乳をつかったスイーツのレシピをご紹介します。お手軽簡単なレシピなので、ぜひチェックしてください!

    2021年4月8日 [イベント情報]

    JA東京アグリパークにて、JAきたみらいの玉ねぎ・オリジナル加工商品を販売しました!

    去る令和3年3月2日~6日、JA東京アグリパークにて日本農業賞創設50周年イベント「日本農業賞50年~美味いJaa(うまいじゃあ)~」が開催されました。

    JA東京アグリパークでの販売の様子1

    先月の記事『きたみらい玉葱振興会が「第50回 日本農業賞」集団の部で大賞を受賞しました!』でご報告いたしましたが、この受賞に伴い、今回JAきたみらいの玉ねぎや、玉ねぎを使用したオリジナル加工商品を販売する運びとなりました

    JA東京アグリパークでの販売の様子2
    JA東京アグリパークでの販売の様子3

    イベントは「コロナに負けるな!」という強い思いとともに、開催期間中はコロナ対策をしっかりと行った上で実施されました。足を運んでくださった皆さまの中には「JAきたみらいの玉ねぎや加工商品を楽しみにきました。」という方もいらっしゃり、好評のうち完売しました♪

    JA東京アグリパークでの販売の様子4

    今後も「玉ねぎ生産量日本一」の名に恥じぬよう、消費者の皆さまに喜んでいただけるよう努めますので、きたみらいの玉ねぎを目にした際はぜひ手に取ってみてくださいね。ご来場くださった皆さま、ご関係者さま、ありがとうございました!

    2021年4月6日 [イベント情報]

    北広島・ホクレン くるるの杜にて「JAきたみらいフェア」が開催されました!

    去る令和3年2月23日~28日、北海道北広島市にあるホクレン くるるの杜にてJAきたみらいフェアが実施されました。

    JAきたみらいフェアの様子1

    直売所スペースでは、JAきたみらいの各種農産物や農産物を使用したオリジナル加工商品を販売。

    JAきたみらいフェアの様子2
    JAきたみらいフェアの様子3

    また、レストランではJAきたみらいの各種農産物を使用した料理が提供され、同じくオリジナル加工商品のドレッシングもご用意いたしました。

    JAきたみらいフェアの様子4
    JAきたみらいフェアの様子5
    JAきたみらいフェアの様子6
    JAきたみらいフェアの様子7
    JAきたみらいフェアの様子8

    足を運んでくださった皆さまからは、「JAきたみらいにはこんなにたくさんの農産物・加工品があるのか」と驚きの反応をいただき、ありがたいことにそのどれもが好評でした♪ なかでも、「また食べてみたい」のひと言はうれしい限りです。

    JAきたみらいフェアの様子9
    JAきたみらいフェアの様子10
    JAきたみらいフェアの様子11

    ご来場くださった皆さま、関係者の方々、ありがとうございました!