ホーム > きたみらい通信

きたみらい通信

2019年11月19日 [きたみらいの今,地域紹介]

訓子府神社の「新嘗祭(にいなめさい/新穀感謝祭)」にて豊作の秋をお祝いしました

毎年11月23日の「勤労感謝の日」には秋の稔りを神々に捧げる儀式、「新嘗祭(にいなめさい/新穀感謝祭)」が全国各所の神社で行われます。これは宮中祭祀のひとつで、毎年春に新嘗祭へ献上される稲の栽培地方を占いで決める「斎田点定の儀」や、天皇陛下自らが稲を栽培なさるご様子など、皆さんも新嘗祭にまつわる宮中行事のニュースをどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

こちらは、先日訓子府町の訓子府神社にて行われた新穀感謝祭の様子です。

新穀感謝祭の様子1

今年は新天皇即位の年にあたり、即位されて最初の新嘗祭は「大嘗祭(だいじょうさい)」として特別盛大に行われます。大嘗祭は天皇一代に一度限りとされ、令和の大嘗祭は14日の夜から15日の未明にかけて行われました。この特別な年には全国の新嘗祭も大嘗祭の日程に合わせて行われることから、訓子府神社の新穀感謝祭も11月15日に開催されました。

新穀感謝祭の様子2
新穀感謝祭の様子3
新穀感謝祭の様子4

式典ではこの年だけの大嘗祭を祝う祝詞奏上(のりとそうじょう)が行われ、雅楽の生演奏があるなど例年以上に特別な式となりました。JAきたみらいからは小野南地域運営委員長らが出席し、献幣使(けんぺいし)として感謝祭詞の奏上や玉串奉奠(ほうてん)を行いました。

感謝祭に出席された訓子府町の菊池町長からは「就任して13年目になるが、毎年何かしらはあり、今年のように全ての作物が豊作なのは珍しい」、訓子府神社の向井宮司からは「生産者の皆さまにおかれては今年の豊作を喜ばれていることと思うが、今後も秋の稔りに感謝の気持ちを持って過ごしていただきたい」との話がありました。

2019年11月15日 [きたみらいの今]

秋の農業用廃プラスチック回収作業を行いました

JAきたみらいでは11月7・8日の2日間、北見市西相内のJA敷地内で農業用廃プラスチックの回収を行いました。近年、環境負荷の軽減や資源の有効活用の観点から、再生可能な資源としてできる限りリサイクルをすることが求められており、春と秋に回収作業を行っています。

廃プラスチック回収作業の様子1 廃プラスチック回収作業の様子2

組合員宅から運ばれてきた廃プラスチックは、運送業者の協力のもと積んできたトラックから降ろされ、同施設の敷地内に山のように積み上げられています。今回は昨年度を超える量を回収し、約160トンを見込んでいます。

廃プラスチック回収作業の様子3

集められた廃プラスチックは、今後発電用燃料として12月上旬までに処理業者へ運搬されていきます。

2019年11月11日 [組合員活動報告]

本格的な冬を前に、女性部置戸支部が安全運転を呼びかけました!

JAきたみらい女性部置戸支部は、11月1日に交通安全街頭啓発を行いました。

当日は肌寒い中、13人の部員が参加。交通整理を置戸駐在所と勝山駐在所の方にお願いし、エーコープおけと店前の交差点で信号待ちの車や買い物客などに部員が生産した玉ねぎじゃがいもかぼちゃなどが入った袋詰めを配布しました。

道路の両側で交通安全の旗を振りながら、通る車1台1台に呼び掛けを行い、用意した60袋をすべて配布することができました。

交通安全街頭啓発の様子

配り終えた部員は、「これから冬を迎えるにあたり、自分たちも車の運転には十分に注意することを再確認しました」と話していました。

集合写真

雪が積もり、アイスバーンにもなる冬道はスリップなどの危険がいっぱいです。皆さんも細心の注意を払い、時間と心に余裕を持ち運転することを心掛けましょう!

2019年11月7日 [イベント情報]

JAきたみらい2019「長いもまつり&収穫感謝祭」開催のご案内

ぐっと気温が冷え込み、冬の訪れを感じるようになってきた今日この頃。今年も長いもの季節がやってきましたね! 来る11月17日(日)、JAきたみらい主催の「長いもまつり&収穫感謝祭」を開催いたします。

2019長いもまつり&収穫感謝祭チラシ

マルキタ地方卸売市場内(北見市東相内町39番地1)を会場に、午前8時半から午前10時までの開催(敷地内への入場は午前7時40分から)です。
※お車での入場は、並ばれている方の入場後となりますので、ご了承ください。

きたみらい地域で旬を迎えた長いもをはじめ、新米のもち米、各種高級菜豆、秋野菜、JAきたみらいオリジナル加工商品、そして株式会社マルキタの水産・畜産物を販売いたします。

その他、飲食ブースでは北見玉葱焼肉のたれを使用した焼肉丼や焼肉ドッグ、地場産小麦粉きたほなみを使用したきたほなみパン、お子さんも安心して食べられる給食のコロッケなど、おいしいものをたくさんご用意しております。

また、牛乳の無料配布もございます。こちらは先着500名様限定ですので、どうぞお早目に!

今年も「長いもまつり&収穫感謝祭」に足を運んで、晩秋の北見を存分に楽しみましょう!

2019年11月6日 [イベント情報]

赤たまねぎの試食宣伝 withコンサドーレ札幌

11月9日(土)、北海道北広島市にある「くるるの杜」できたみらい赤たまねぎの試食宣伝を実施します!

赤玉ねぎ

「くるるの杜」はJAグループの”ホクレン”が直営する農作業体験や野菜直売など子供から大人まで楽しめるふれあいファームです。

くるるの杜

まだまだ皆さんには馴染みの薄い赤たまねぎ。その美味しさ、食べ方、栄養面などを広める為、赤たまねぎ生産者の佐藤さんと西原さんの二人が売り場に立ってPR宣伝します。

赤玉ねぎ生産者の佐藤さんと西原さん

そして、強力サポーターがもう一人・・なんとJリーグの「コンサドーレ札幌」の元キャプテン「河合竜二」さんもPR宣伝に参戦します!チームカラーの「赤」つながりで(笑)ご協力頂く事になりました!

コンサドーレ札幌ロゴ
コンサドーレ札幌の元キャプテン河合竜二さん

コンサドーレ札幌は子供たちに向けたサッカー教室とともに「農業や食の大切さ」を伝える活動もしており、河合竜二さんは現役引退後もフロントスタッフとしてチーム活動をサポートしています。

スポーツの基本は「食」から。このような食育活動を通じて子供たちに「食と農業」の大切さを知ってもらえると嬉しいですね。目指せ未来のJリーガー!

サッカーファンもたまねぎファンも(笑)、11月9日は是非「くるるの杜」へお越しください!

 

赤たまねぎの対面販売 詳しい情報はコチラ (画像をクリックで拡大)

赤玉ねぎ応援大作戦

 

 

コンサドーレ札幌のオフィシャルサイトはこちら
https://www.consadole-sapporo.jp/

コンサドーレ札幌ロゴ

くるるの杜のサイトはこちら
https://www.hokuren-kururu.jp/

くるるの杜ロゴ
2019年11月5日 [きたみらいの今]

JAきたみらい北見地区事務所の商品ディスプレイがリニューアルしました!

JAきたみらい(センター・北見地区事務所玄関)に設置しているオリジナル加工商品のディスプレイがリニューアルしました!

商品ディスプレイ2

新たなディスプレイには、お勧め商品をイラストやポップでご紹介していたり、JAきたみらいの情報をご覧いただけるマグネットのQRコードを設置したりしています。10月下旬はハロウィーン仕様のディスプレイに変身していましたよ♪

商品ディスプレイ1

8月に販売を始めた「玉ねぎとチーズが溶け込んだポークカレー」も仲間入りをしてディスプレイに並んでいます。お立ち寄りの際は、皆さまぜひゆっくりご覧ください。

引き続きJAきたみらいオリジナル加工商品をよろしくお願いします!

2019年10月31日 [イベント情報]

オホーツク北見ハロウィーンフェスティバル2019に出店しました!

去る10月25~27日に開催された、オホーツク北見ハロウィーンフェスティバル2019。JAきたみらいも26・27日の2日間、ピエロやスパイダーマンなどの仮装をして、出店してまいりました!

ハロウィーンフェスティバル2019の様子1

販売・飲食ブースでは、きたみらい産小麦きたほなみを使用したパンやホットドックの他、玉ねぎかぼちゃなどの野菜、オリジナル加工商品各種を販売し、多くのお客様にお求めいただきました。

ハロウィーンフェスティバル2019の様子3

ゲームコーナーではお子さんたちがくじや輪投げ、ストラックアウトで遊び、会場は終始にぎやか♪

ハロウィーンフェスティバル2019の様子2

今年もオホーツク北見ハロウィーンフェスティバルへたくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。来年もまたここでお会いしましょう!

2019年10月28日 [きたみらいの今]

長く寒い冬を越す、秋まき小麦の今

きたみらい地域では、朝晩が急に冷え込むようになり、もう冬かと思ってしまうくらい寒くなってきました。皆さんがお住まいの地域はいかがでしょうか? これからの季節は風邪などにも気を付けなければなりませんね。手洗いうがいもお忘れなく!

秋まき小麦の様子1

こちらは、秋まき小麦の畑です。

小麦には春に播種(種をまくこと)をする春まき小麦と、秋に播種して翌年の7月下旬から8月上旬に収穫をする秋まき小麦があります。9月中~下旬に播種した秋まき小麦は、現在ご覧の姿にまで生育しています。これから冬を迎え、長く寒い季節を雪の下で耐えるのですが、翌年の雪解けに備え、今のうちに茎数と葉数をつけて越冬するのに必要な生育量を確保しているところなのです。

秋まき小麦の様子2

この写真は10月24日午後3時30分頃に撮りました。日が傾くのが早くなり、とても秋を感じます。紅葉の色付きが日に日に濃くなる森の木々と秋まき小麦の力強い緑色がコントラストを生む、短くも美しい季節です。

2019年10月25日 [イベント情報]

第15回端野農業物産フェアを開催しました!

JAきたみらいと端野町観光協会は、10月20日にJAきたみらい端野地区事務所前で端野農業物産フェアを開催しました。前日から降り続いた雨も止み、もち米や青果物の特売、玉ねぎじゃがいもの詰め放題には長い列ができ、にぎわいを見せました!

端野農業物産フェアの様子1

詰め放題に参加した来場者は、真剣なまなざしで袋いっぱいに詰め込んでいました。

また当JAきたみらい女性部が作った豚汁や、きたみらい牛乳の無料提供も人気を集めました。豚汁はきたみらい地域で作られたじゃがいも「とうや」を使っており、約20分で完売!

端野農業物産フェアの様子2

他にも地場産じゃがいも「男爵」を使用してくださっている有名店「神戸コロッケ」の商品の試食販売、常呂漁協によるホタテなど海産物の販売も行いました。

端野農業物産フェアの様子3

閉会のあいさつでは、当JAの山内幹司理事が「今年は天候に恵まれ、豊作傾向となった。このように開催できたことを感謝したい。しかしながら姉妹都市丸森町では、台風による影響で甚大な被害がでています。被災された丸森町に対しての応援をよろしくお願いしたい」と述べました。

当日会場では、丸森町への募金や特産品の購入などで多くの方に応援していただきました。今後も姉妹都市のご縁を大切に、一日も早い復興を応援していきましょう!

2019年10月23日 [きたみらいの今]

デントコーン収穫作業が終盤を迎えています!

10月も下旬となり、いよいよ秋が深まってまいりました。同時に、酪農家さんの秋の大仕事であるデントコーンの収穫作業も終盤を迎えています!

自走ハーベスターで収穫したデントコーンは、上のアームから細かく粉砕され出てきます。それを大型ダンプや、ディッピングワゴンと呼ばれる大きなかごのようなものを背負ったトラクターで並走し、受け止めます。

デントコーン収穫風景1

今年のデントコーンは成育が良く、3メートルを超えるほどのものも! それらが大きな機械で一瞬にして収穫される様子はとにかく圧巻です!

粉砕されたデントコーンは、バンカーサイロと呼ばれる、箱型の発酵飼料施設に降ろされ、その後はショベルによってギュッと固く踏み込まれます。

デントコーン収穫風景2

ここでしっかりと念入りに踏み込むことで空気が抜け、密閉したときにしっかりと発酵し、良質なサイレージができあがるというわけです。

デントコーン収穫風景3

牛の餌は牧草だけと思っている人も中にはいるかもしれませんが、このデントコーンと呼ばれるトウモロコシも、実だけでなく葉や茎すべてをひっくるめて大事な飼料となります。ご家庭の食卓に並ぶ牛乳は、こうした多くの人の努力が重なり合い、さまざまな過程を経て皆さんのもとへ届きます。牛乳を飲むとき、この収穫風景も思い出してもらえたらうれしいです(^^)