ホームきたみらい通信組合員活動報告 > 冬を耐え抜いた秋まき小麦「きたほなみ」

きたみらい通信

冬を耐え抜いた秋まき小麦「きたほなみ」

小麦にもいろいろあり、秋に播種するのを「秋まき小麦」と呼んでいます。JAきたみらい地域で栽培する小麦の大半は秋まき小麦で、そのほとんどが「きたほなみ」という品種です。

極寒の北海道を耐え抜き、雪の下からようやく顔を出したのは昨年9月に播種したもの。これから肥料の補充や害虫の予防防除をして、黄金色した麦になる7月下旬ごろまで大事に育てていきます。

秋まき小麦「きたほなみ」

下の写真は農業改良普及センターの指導員による小麦肥培管理講習会の様子。前日は18度まで上がった最高気温がこの日は3.6度となり寒い中でしたが、生産者の皆さんは良い小麦を作ろうと圃場で実際の小麦を見ながら真剣に説明を聞いていました。

講習会の様子

こうして丹精込めて作られている小麦を使った、JAきたみらいのうどん「麦香旨 麦まるごとうどん」が先日発売されました。オンラインショップ「オホブラ百貨店 おひさまマーケット」、北見パラボ、JAきたみらい地域のAコープなどでぜひお買い求めください。

「麦香旨(ばかうま)」麦まるごとうどん
(オホブラ百貨店 おひさまマーケットにジャンプします)