ホームきたみらい通信きたみらいの今 > 秋まき小麦「きたほなみ」順調に生育中

きたみらい通信

2014年10月14日 [きたみらいの今]

秋まき小麦「きたほなみ」順調に生育中

皆さんは「秋の小麦」と聞いたら、どんな風景を思い浮かべますか? 金色に輝く穂が風にたなびくイメージでしょうか。ですが、秋まき小麦の「きたほなみ」の畑はちょっと様子が違います。秋に芽を出し、今時期にきれいな緑色に生えそろうのです。

秋まき小麦「きたほなみ」の様子

秋まき小麦はその名の通り、播種(はしゅ)するのが秋。9月下旬ごろに播種して1週間ほどで発芽し、今は順調に育っているところです。その後、北見の厳しい冬を約5カ月間雪の下で過ごし、春には雪解けの進んだ畑から顔を出します。

秋まき小麦はこのように長い生育期間を経て、来年の7月下旬ごろから収穫します。収穫はまだまだ先ですが、来年の収穫を楽しみに秋まき小麦の成長を見守っていてくださいね。