ホームきたみらい通信組合員活動報告 > 【組合員活動報告】畑作物現地研修会を端野町内6カ所で開催しました

きたみらい通信

2015年6月2日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】畑作物現地研修会を端野町内6カ所で開催しました

春の植え付け作業後、乾燥が続いていた北見ですが、待ちに待った恵みの雨が降りました! この雨で作物たちはぐんと大きく成長することでしょう。今週の天気予報でも雨マークがちらほらとついていますので、今後の雨に期待です!

今回ご紹介するのは、5月26日に端野町で行われた「畑作物現地研修会」の様子です。

研修会の様子

網走農業改良普及センターと北海道糖業より講師を招いての研修会は、端野町内6カ所で開催され、合計115戸とたくさんの農家さんに参加していただきました。今回の主な内容は、麦やてん菜について。秋まき小麦は止葉期以降の栽培管理や病害虫防除の方法を、春まき小麦と大麦、てん菜は今後の栽培管理に関することなどを学びました。

秋まき小麦

秋まき小麦


てん菜

てん菜


質疑応答も活発に行われ、全国の消費者に安心・安全な農産物をお届けしようという農家の方たちの熱意が伝わってくる研修会となりました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!