ホームきたみらい通信 > 組合員活動報告

きたみらい通信

2018年5月15日 [組合員活動報告]

第3回きたみらいホルスタインベビーショウが開催されました!

去る5月5日、第3回きたみらいホルスタインベビーショウが開催されました。このショウは育成牛に限った共進会で、各地区のホルスタイン改良同志会の主催にて行われています。

ホルスタインベビーショウの様子1

育成牛とは、まだ乳を搾っていない子牛~成牛のことを指します。このショウでの育成牛の区分は、7カ月未満~24カ月(2才)となっています。育成牛といっても月齢の大きな部では、成人男性の肩に並ぶ体高です。

ホルスタインベビーショウの様子2

今回の審査は、ABS(オールジャパンブリーダーズサービス)株式会社より、前田直樹様に務めていただきました。

1頭1頭、丁寧に審査を行う前田審査員。

審査の様子

また、牛をリードする姿を競うリードマンコンテストでは、子どもたちが懸命にリードする姿が見られました。

リードマンコンテストの様子1 リードマンコンテストの様子2

出品頭数57頭の中、見事最高位に輝きましたのは、北見地区 山内誠さん「クローバー バービー シヤネル ET」でした。おめでとうございます!

ショウの他、観客の皆さんにも審査を予想していただくジャッジングコンテストやジンギスカンパーティーを開催し、出品された酪農家並びに、観客の方々にもご満足いただけた様子でした。

ジンギスカンパーティーの様子
2018年4月13日 [組合員活動報告]

畑作の現地講習会を開催しました

4月11日、JAきたみらいの北見仁頃、小泉、豊地の3地区にて畑作の現地講習会を開催しました。とても寒い中の講習会となりましたが、3地区合計で46名の生産者に参加していただきました。

畑作現地講習会の様子

講習会では、秋まき小麦の管理作業や春まき小麦の播種、てん菜の播種作業について農業改良普及センターと北海道糖業(株)の担当者より説明していただきました。

生産者の方々は今年度の播種・管理作業の参考になったかと思います。今年も豊穣の秋を迎えるために頑張ってまいりましょう!

2018年4月10日 [組合員活動報告]

きたみらい酪農振興協議会が酪農セミナーを開催しました

去る3月28日、酪農セミナーが開催されました。

きたみらい酪農振興協議会により開催される酪農セミナーでは、酪農に関する旬なテーマで講演を企画しており、JAきたみらい全地域の酪農家が集まります。今回も関係機関や職員を含め総勢89名と、多くの方にご参加いただきました。

酪農セミナーの様子

今回のテーマは「哺育(ほいく)技術」。おふたりの講師をお招きし、哺育に関するテーマでご講演いただきました。

八木勝義氏の講演

「哺育管理の基本と最新情報」
JA全農 飼料畜産中央研究所 訓子府分場長 八木勝義氏

城幸男氏の講演

「酪農におけるアウトソーシングについて」
ホクレン 北見支所畜産生産課 技師 城幸男氏

「哺育」がテーマということもあり、女性の参加も多く見られました。今回のセミナーも酪農に関わる方々があらためて学べる良い機会になったと思います。

2018年3月20日 [組合員活動報告]

訓子府町酪農振興会婦人部が一泊研修を行いました

去る3月6日~7日、訓子府町酪農振興会婦人部が知床で一泊研修を行いました。

訓子府町酪農振興会で年に一度行われている婦人部の一泊研修。今回の参加者は19名、加えてお子さま11名、振興会長、関係機関を合わせて総勢36名となり、とても賑やかな研修となりました。

研修会の講師としてオホーツクNOSAIより授精師の方をお招きし、「牛の発情発見・人工授精」について講演していただきました。そして研修会終了後には婦人部皆さんの一年間を労い、乳質成績に対する褒賞が授与されました。

 研修会の様子

研修会の様子

褒賞の授与

訓子府町酪農振興会会長より褒賞の授与

懇親会ではビンゴゲームが行われ、大人から子どもまで楽しめた様子。また参加した関係機関においても、普段は親方(経営主)と接する機会が多いようですが、あらためて婦人部の方々との親睦を深める良い機会となったようです。

記念撮影

斜里町の観光名所「天に続く道」にて記念撮影

2018年2月20日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】JAきたみらい青年部・女性部・フレッシュミズの総代会が開催されました

きたみらい地域では、2月17日から翌日明け方にかけて天気が大荒れし、久々にまとまった降雪となりました。その後天候は落ち着きましたが冷え込みは厳しく、早朝の気温がマイナス20度を下回る日が続いています。ですがこんな冬景色の中でもビニールハウスでは玉ねぎの播種作業が始まり、春からの営農に向けて着々と準備は始まっていますよ!

2月は各生産組織の総会が多く行われており、昨年度の報告と今年度の計画が採決され、あらためて生産者が気持ちを一つにする時期でもあります。先日はJAきたみらいの組合員3組織、青年部・女性部・フレッシュミズが総代会を実施しました。簡単ではありますが内容についてご報告いたします。

2月14日(青年部)
今年度から5支部から3支部へ体制を変更。支部の垣根を越えて、青年部が一致団結することを確認しました。

青年部総代会の様子

2月15日(女性部)
多くの部員に参加してもらえる「魅力ある活動」を目指し、国内農業視察研修の実施やフレッシュミズ層との交流事業の実施などが承認されました。

女性部総代会の様子

2月16日(フレッシュミズ)
新たに営農に関する日帰り研修の実施などが承認され、これからも会員の意見を取り入れた活動を実施していくことを確認しました。

フレッシュミズ総代会の様子

写真はいずれも各組織の新正副部会長です。

総代会をもってJAきたみらいの新年度がスタートしました。各組織がこれから1年間、新役員の皆さんを中心に充実した活動を行えるよう、当JAも協力していきます(^^)

2018年2月6日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】北見冬まつりでJAきたみらい青年部がカレーなどを無料配布しました!

2月になると、冬本番の北海道ではイベントが目白押しです♪ 2月5日からは札幌で雪まつりが始まりました。多くの来場者でにぎわいを見せているようですね。ここ北見市でも、先日告知した第48回北見冬まつりが2月3~4日の2日間開催されました!

3日にはJAきたみらい青年部がオリジナル加工商品「玉ねぎと牛すじのカレー」、JAきたみらい産小麦きたほなみで作ったパン、きたみらい産じゃがいも男爵)で作ったフライドポテトを配布しました。

当日は青年部だけでなく女性部、フレッシュミズもお手伝いとして参加し、総勢21人で調理と配布を行いました。

配布の様子1

パンフレットもあわせて配布し、来場者へ地元食材をアピール(^^)

配布の様子2

用意した500人分のカレー、パン、フライドポテトは2時間ほどで配り終え、盛況のうちに終了しました。寒い中ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

2018年1月19日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】JAきたみらい各支部で女性部・フレッシュミズの合同行事が行われています♪

年末年始の慌ただしさも落ち着き、JAきたみらいの三組織(青年部・女性部・フレッシュミズ)の活動が活発に行われています。特に今年度は各支部で女性部・フレッシュミズの合同行事が多く開催されているのです。

1月17日には、置戸支部の女性部とフレッシュミズが合同の研修会を行い、室内ペタンクで交流を深めました。

合同研修会の様子

ペタンクは目標球に向かってそれぞれのチームの持ち球を投げ、より目標球に近づけられたチームが点数を獲得できるという競技です。初めてでも簡単にできて激しい動きもないので、運動が苦手な方や妊婦さんを含め、みんなで楽しむことができました!

集合写真

他の支部でも、体操や料理講習など女性部・フレッシュミズ両方が楽しめる内容を企画し、世代を超えて地域女性の仲間の輪を広げていますよ(^^)

2017年12月26日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】フレッシュミズ、1年間の学習会報告

2017年も残りわずかとなりました。クリスマスが終わり、これから大みそかまでは仕事や大掃除、年越し準備などをこなす慌ただしい日々が続きますね。加えて忘年会などもあり寝不足気味・・という方もいるかもしれません。皆さん、くれぐれも体調にはお気を付けください!

さて今年を振り返ると、JAきたみらいフレッシュミズでは先月ご紹介した会員交流研修会のほかにも、農業に関する学習会を積極的に開催してきました。この1年を振り返り、実施した学習会の一部をご紹介します。

今年度はフレッシュミズ会員有志の学習組織である「畑楽(はたらく)クラブ」と「畜産クラブ」も開講され、講習会の中では実際に牛舎や圃場の見学も行いました。

牛舎の見学
圃場の見学

11月には、以前から多くの会員から要望のあった営農計画書の仕組みについての学習会を行い、45名の会員が参加しました。営農計画書とはその名の通り、どのくらい収入が得られるか、また、どのくらいの支出があるのかを予測し、翌年1年間の計画を立てるもので、生産者1戸1戸がそれぞれ必ず作成します。

学習会の様子

当日は営農計画書の仕組みを基礎から学習。農家収入などを導き出す簡単な計算問題を行って、学んだ内容をおさらいしたほか、モデルケースの明細を見ながら、経営分析にも挑戦しました。

また、今年初めて女性部・フレッシュミズを対象とした農作業安全講習会を行うなど、新しいことにも挑戦した2017年。女性も経営のパートナーとして活躍できるよう、フレッシュミズでは今後も学習を継続していく予定です。

2017年12月19日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】青年部・女性部・フレッシュミズで合同視察研修を行いました

現在きたみらい地域は、降雪と低温で道路や歩道はツルツル路面です。地元にお住まいの皆さん、外を歩くときや車の運転は急がず焦らず、十分にお気を付けください!(>_<)

さて、JAきたみらいでは12月12~14日の3日間、組合員三組織(青年部・女性部・フレッシュミズ)の本部役員7名が、冬本番の北海道を抜け出して東京都内で合同視察研修を行いました。組織リーダーとして見聞を広めることが目的で、先日お伝えした合同意見交換会に続く合同事業です。

1日目はJA東京アグリパークを視察。都内産の新鮮な野菜や加工食品が、新宿のど真ん中で手に入るという一風変わった直売所です。

JA東京アグリパーク_1

当日は「みらいのやさいフェア」を開催中で、JAきたみらいとも「みらい」つながりで交流のある、JA東京みらいの野菜が中心に陳列されていました。

JA東京アグリパーク_2

2日目は、日本の政治の中心、永田町へ。衆議院本会議場などを見学したのち、環境大臣政務官の武部新衆議院議員を訪問。その後、農林水産省にて意見交換を行うなど、農政の現場を学ぶ一日となりました。

農林水産省にて

3日目は、一般社団法人家の光協会を訪問。食と農などをテーマとした家庭雑誌「家の光」や、食農教育をすすめる子ども雑誌「ちゃぐりん」などを発行しています。当日は実際に編集部を見学させていただき、誌面づくりの苦労やこだわりを直接感じることができました!

家の光協会

今回の視察研修は行程の中に観光も織り交ぜ、役員同士の交流が深まる機会にもなりました。

集合写真

最後になりましたが、快く研修を受け入れていただいた関係各所の皆さま、ご協力いただきありがとうございました!

2017年12月8日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】青年部・女性部・フレッシュミズが合同意見交換会を行いました

農作業が落ち着いた11月頃から、JAきたみらいの三組織(青年部・女性部・フレッシュミズ)の活動が活発に行われています。11月27日には、青年部・女性部・フレッシュミズ三組織合同意見交換会を開催し、それぞれの本部役員が参加しました。昨年に続き、2回目の実施です。

世代や性別が異なる三組織が互いに意見を出し合うことで、それぞれの組織の抱えている問題や悩みを解決したり、新しい活動のアイデアが生まれたり、組織同士が協力して活動を行えるなど、たくさんの収穫を得られる良い機会となっています。

会は青年部長による進行のもと、終始和やかなムードで活発な意見交換が行われました。

合同意見交換会の様子

今後、青年部・女性部・フレッシュミズではここで交わした意見を参考に、次年度の活動を計画していきます。参加された役員の皆さん、お疲れさまでした。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。