ホームきたみらい通信組合員活動報告 > 置戸町の酪農推進協議会が、子どもたちへ牛乳券を贈呈!

きたみらい通信

2020年12月18日 [組合員活動報告]

置戸町の酪農推進協議会が、子どもたちへ牛乳券を贈呈!

去る12月4日、置戸町の酪農家の組織である酪農推進協議会から置戸町の小学校・中学校・高等学校・どんぐり(認定こども園)へ牛乳券を贈呈しました。

新型コロナウィルスの感染が広がる中、さまざまな場面で自粛を強いられている子どもたちを「元気づけたい」という酪農家の想いから、このような活動が実施されました。

牛乳券贈呈1

左:片桐敏史組合長(置戸町乳牛検定組合)

牛乳券を受け取った園児は大きな声で「牛乳をたくさん飲みます!」と笑顔でお礼を言っていました。

牛乳券贈呈2

左:小森章史校長(置戸高校) 右:倉本秀樹会長(酪農推進協議会)

牛乳券贈呈3

左:小山勇樹副会長(酪農推進協議会) 右:石原邦彦校長(置戸中学校)

牛乳券贈呈4

左:佐藤章博校長(置戸小学校) 右:佐藤猛組合長(置戸町酪農ヘルパー利用組合)

小・中・高校では生徒たちに直接渡すことはできませんでしたが、町内のスーパーで牛乳券を使って牛乳を飲んでいる..そんな子どもたちの姿が見られることを楽しみにしています!

牛乳券贈呈5

まだまだ自粛が続きそうですが、今年の年越しは牛乳や乳製品を食卓にプラスし、元気に丑年を迎えましょう!