ホーム > JAきたみらいの野菜

JAきたみらいの野菜

JAきたみらいの野菜

豊穣な大地と厳しい自然が特徴のJAきたみらい地域。
私たちは、先人たちから譲り受けた大地と技術を引き継ぎ、次の世代へ繋げ、こだわりと思いを持って食材を育てています。

JAきたみらいは、北海道の東部、オホーツク管内の中央に位置し、北見市(常呂町区域を除く)、置戸町訓子府町の1市2町を区域とする総面積186,770haの中に農用地31,260haを有し、玉ねぎじゃがいもを中心に麦類てん菜豆類水稲などの耕種作物に加え、生乳をはじめとする畜産物を多様に生産し、北海道農業の縮図となっています。その販売高は全道ーを有しています。

なかでも日本一の生産量を誇る玉ねぎは、全国の玉ねぎの約2割を生産。8月から翌年4月下旬までの長い間、全国各地へ出荷されています。

全国の中でも日照時間が長く、降水量が少ない地域です。また、気温の寒暖差が大きいため、病害虫の発生も少なく、野菜類の糖度が上がる環境を活かし、良質でクリーンな産地形成を目指しています。