ホーム > きたみらい通信

きたみらい通信

2017年4月21日 [きたみらいの今,商品情報]

きたみらい産グリーンアスパラガスの出荷が始まりました!

気温の低い日が続き、雪混じりの雨が降るなど、北見では屋外での農作業ができない日が続いています。今週末も雪の予報が出ているので、地元の方は夏タイヤへの交換をまだ控えたほうが良さそうです。関東では夏日を記録するなど地域によって温度差が激しいですね。春の嵐が早く収まってくれることを祈っています。

さて、JAきたみらいではグリーンアスパラガスの出荷が始まりました!

きたみらい産グリーンアスパラガス

緑鮮やかな春野菜のアスパラガス。きたみらい産のグリーンアスパラガスは北見市内を中心に、一部道内での流通も予定しています。出荷の時期は4月中旬~7月頃、焼き肉の季節にも大活躍です♪

シンプルな塩ゆでやバター炒めもおいしいですし、ピザに載せたり、肉巻きにしたりするのもお勧めです。春を感じるグリーンアスパラガスを、ぜひ召し上がってください!

アスパラガス料理
2017年4月18日 [きたみらいの今,商品情報]

きたみらい産ほうれん草の出荷を開始しました!

4月も半ばを過ぎ、気温が10度を越える日も増えてきました。だんだんと春に近付いている北見ですが、ここ数年、春先は風が強い傾向にあります。風が強いと植えたばかりの種が飛ばされ、まき直しになるなどの被害が出てしまいます。関東では桜が風に舞い散る頃でしょうか。北海道は桜の季節まで、あともう少しです。

JAきたみらいでは、ほうれん草の出荷が始まっています!

ほうれん草

出荷を待つほうれん草

出荷を待つほうれん草

当地域では、ほうれん草は春から秋ごろまで収穫されています。スーパーでは通年並んでいて手に入りやすく、いろいろな料理に使え、栄養も取れる万能野菜ですよね。炒めたり卵焼きやお味噌汁に入れたりしてもおいしく召し上がっていただけます。

きたみらい産ほうれん草は、北見市を中心に道内へ販売が開始され、順次道外への出荷も予定しています。JAきたみらいのほうれん草をスーパーなどで見掛けたらぜひお買い求めくださいね!

ほうれん草とベーコンの塩だれ炒め

写真は、ほうれん草とベーコンの塩だれ炒めです。JAきたみらいのオリジナル加工商品玉葱の塩だれとサッと炒めるだけで、とてもおいしいですよ(^^)

2017年4月14日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】第14回きたみらい農業協同組合通常総代会を開催しました

4月11日、北見市内のホテル黒部にて第14回きたみらい農業協同組合通常総代会を行いました。

通常総代会の様子

368名の総代(組合員)の皆さんが出席し、農畜産物販売取扱高424億とするなど平成29年度事業計画が可決決定されました。この事業計画を基にこれから1年間、JAきたみらいは安心安全な農産物の生産、地域貢献に取り組んでいきます。

また「JA北海道大会決議事項の着実な実践に関する特別決議」が全会一致で採択されました。今後も組合員・JA・連合会・中央会がそれぞれの役割を再確認した上で、力強い農業と豊かな魅力ある農村の実現を目指し、JAグループ北海道が一丸となり自己改革を着実に実践してまいります。

2017年4月11日 [組合員活動報告]

【組合員活動報告】上常呂地区で畑作講習会を開催しました

4月7日(金)にJAきたみらい上常呂地区において畑作講習会(麦類てん菜)を開催し、関係機関を含めて計21名が参加しました。

麦類については網走農業改良普及センターの方、てん菜については北海道糖業担当者を講師に迎え、今後の栽培管理について説明していただきました。

畑作講習会の様子

秋まき小麦は、土壌凍結が浅く現況茎数が少ない圃場では起生期の追肥を早めにすることが重要に。てん菜は、土壌pHの低い圃場ではpHを矯正し、播種機のギアを調整して播種作業を行うようご教示いただきました。

これから春作業が本格化しますが、農作業中の事故に気を付けて皆さん頑張ってください!

2017年4月7日 [組合員活動報告]

【組合員活動紹介】女性部、フレッシュミズ本部役員で合同研修会を行いました

今週は最高気温が2ケタの日が続いて雪解けも進み、いよいよ春本番です! JAきたみらいも2月に新年度がスタートし早2カ月。1年間組織リーダーとなる女性部、フレッシュミズ本部役員で合同研修会を行いました。

本研修会は「女性組織への積極的な学習機会の推進」と「リーダー育成」を目指して毎年行っています。今年度はJA北海道中央会北見支所から講師を招き、「農協と女性部~組織のリーダーとして~」と題した講演をしていただきました。

役員研修会の様子

研修終了後は懇親会を開催し、これから1年間役員を務める仲間と交流を深めました。役員の皆さん、1年間よろしくお願いいたします!(^^)

2017年4月4日 [きたみらいの今]

新年度の辞令交付式を4月1日に行いました

本州では桜の開花が伝えられ、全国から入学式や入社式の便りが届き、新生活を始める方も多い季節ですね。

JAきたみらいでも4月1日、今年度新たに入組した新規採用10名と職員登用1名の辞令交付式が行われました。緊張感が漂う中、一人ひとりから組合奉職に向けた明るく元気なあいさつがありました。今後の活躍が期待されます(^^)

辞令交付式

また、定年退職者の7名には感謝状が贈られ、組合長より長年の労に謝意が述べられました。今までありがとうございました。

感謝状贈呈

4月からも職員一同、心を新たに努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

2017年4月3日 [お知らせ]

JAきたみらい2018年新卒者採用説明会を札幌で開催いたします!

JAきたみらいでは、就職活動中の皆さんに、私たち「きたみらい農業協同組合」の事業内容等をより深く知ってもらうために、札幌で単独での説明会を毎年行っております。

本年は4月14日(金)、15日(土)の開催で申し込み受け付け中です。興味を持っていただいた方はこの機会にぜひご参加ください。お待ちしております!

説明会では
☆JAってどんな組織?
☆JAきたみらいの特徴は?
☆職場の雰囲気は?
☆職員のお仕事とは?
などなど、公式サイトや資料だけでは伝えきれないJAきたみらいの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います!

告知

対象は2018年3月卒業(大学・大学院・短大)予定の方です。ご予約は以下マイナビのページよりお申し込みください。皆さんに会えるのを楽しみにしております!
きたみらい農業協同組合【JAきたみらい】 – マイナビ2018

説明会ポスター
2017年3月31日 [レシピ]

じゃがいも(とうや)を使ったクラムチャウダーレシピのご紹介

本日はじゃがいもの中でも、煮崩れしにくい品種のとうやを使ったレシピをご紹介します。

じゃがいものクラムチャウダー

とうやクラムチャウダー

材料(3人前)

  • じゃがいも(とうや):3個
  • 冷凍シーフード:100g
  • ベーコン:75g
  • 玉ねぎ:1/2
  • 舞茸:1/2
  • キャベツ:1/8玉
  • バター:20g
  • オニオンコンソメ:大さじ2
  • 小麦粉:大さじ3
  • 牛乳:500cc
  • 塩コショウ:少々
  • 油:大さじ1
  • ブラックペッパー:お好みで適量

作り方

  1. じゃがいもは皮を剥き、一口サイズくらいの大きさに切り水に浸し、シーフードミックスは流水で解凍しておく
  2. 玉ねぎ・ベーコン・キャベツは1cm程度の大きさに切り、舞茸は石づき取る
  3. 鍋に水とじゃがいもを入れ沸騰してから10分茹で、ザルにあげておく
  4. 鍋に2と3とバター・塩コショウを入れ玉ねぎが透明になったらいったん火を止める
  5. 小麦粉を入れ粉っぽさがなくなるまで混ぜたら、牛乳とオニオンコンソメを入れ混ぜる
  6. 4を中火にかけ、シーフードミックスを入れとろみがつくまで混ぜたら完成

今回はとうやを使って作りましたが、別の品種のじゃがいもでもおいしくできますよ! 煮崩れしにくいものを選ぶのがコツです。スーパーなどでは、北海道産のじゃがいもが少なくなる時期ですが、本州産のじゃがいもでも作ってみてくださいね!

2017年3月28日 [きたみらいの今]

甘みとやわらかさが特長の「越冬ねぎ」が販売開始! 試食販売も行います♪

雪解けが進んできた北見です。屋根などに積もった雪が溶けてポタポタと垂れる様子をよく見かけます。春になるまでもう少しといったところですが、屋根からの落雪やなだれなどに十分注意しましょう。

ハウスにならぶ越冬ねぎ

ハウスにならぶ越冬ねぎ


JAきたみらいでは、越冬ねぎの販売が今年も始まりました。越冬ねぎの別名は「2年ねぎ」。前年の5月に播種した後に冬を越し、「2年に渡り」じっくり成長させることに由来しています。

その特長は、寒さを耐えたことにより増す甘みとやわらかさにあります。おすすめの料理は卵焼きやねぎ味噌などで、あまり手をかけなくてもおいしく食べられます。そのまま焼いて、焼きねぎとして食べてもおいしいですよ。

北見市内を中心に出荷を行っていますが、3月29日(水)には「コミュニティプラザ パラボ まちきた大通ビル」地下の野菜販売コーナーにて越冬ねぎの試食販売を行います。食べたことがない方はこの機会にお立ち寄りいただき、寒さに耐えた越冬ねぎのおいしさをぜひお試しください!

焼肉と一緒に食べてももちろんおいしい

焼肉と一緒に食べてももちろんおいしい

2017年3月24日 [きたみらいの今]

「合同会社K’sフィードサービス」10周年記念式典が行われました!

訓子府地区第一号のTMRセンター「合同会社K’sフィードサービス」が10周年を迎えました!

現構成員の皆さん

現構成員の皆さん


TMR(Total Mixed Ration)とは、家畜への給餌方法のひとつ。数種類の飼料を混ぜ合わせて給餌する方法です。

そして大きな規模でTMRを行い、混合飼料を提供しているのが “TMRセンター” です。TMRセンターを利用することで、畜産農家が個々で飼料を混ぜ合わせる手間が不要となり、まとめて飼料を作ることからコストの削減にもつながります。

K’sフィードサービスは、7戸の酪農家が構成員となり、平成19年2月1日より法人として設立されました。10周年の祝杯として、皆さん牛乳で乾杯です。

乾杯の様子

10年間の感謝と、今後への意気込みを述べられた代表社員 今野智俊さん。 代表社員 今野智俊さん

最後は合同会社K’sフィードサービスの益々の発展を祈願し、万歳三唱にて締めくくられました。

万歳三唱