ホームJAきたみらいの野菜 > じゃがいも

JAきたみらいの野菜

じゃがいも

JAきたみらいのじゃがいもについて

JAきたみらいのじゃがいもは、地域内の4選果場(広域センター・訓子府・端野・置戸)において、共同選果・共同販売体制の中、生産者個々品質向上を目的として、専属の審査員によるサンプル抽出・検査の実施、残留農薬の自主検査実施を行っています。

また、平成21年に主力の3施設(広域センター・訓子府・端野)へ導入した「近赤外線センサー」によって、内部障害(じゃがいも内部の空洞や腐れ)の確認を行い、常に良質な「じゃがいも」を提供できるよう努めております。

JAきたみらいのじゃがいもの概要

作付面積  2,096 ha (H25)
取扱量 48,264 t (H25)
品種 男爵、とうや、スノーマーチなど
JAきたみらいのじゃがいも

※きたみらい通信のじゃがいもに関する記事一覧はこちら

※「2016年『秋の収穫祭!』当選者の声 第一弾 ―じゃがいも(とうや・男爵)編」はこちら

ご購入はこちら

※オホブラ百貨店 おひさまマーケットにジャンプします

JAきたみらいでは、良質なじゃがいもを活用し、「熟成スノーマーチカットポテト」や「北海道 レンジでシチュー」、その他オリジナル加工商品を多数販売しています。
オリジナル商品もぜひご覧ください。